LDKお得技家計ノート 2017年版 | 晋遊舎ONLINE

LDKお得技家計ノート 2017年版

kakeinote2017_hyoushiobitsuki_0923_detail_131608
クリックで拡大する

LDKお得技家計ノート 2017年版

定価: 540円(本体500円)
発売日: 2016.10.07
ページ数: 210ページ
付録: レシートポケット
雑誌コード: 63414-96
ISBN: 978-4-8018-0579

媒体概要

お得技300超!
こんなおトクな家計簿、見たことないっ!!

2016.10.05

126-b[1]_article_195833

テストする女性誌LDKが本気で作った、まったく新しい家計ノートができました!!

なんと、家計簿をつけながら【お得技】が読めちゃうんです!

例えば、さばのみそ煮を15分でつくる裏ワザレシピ

シャツの黄ばみの落とし方、ガチ検証でわかったベスト化粧水、などなど

その数なんと300超!!

料理、美容、家事、節約、収納など、気になるジャンルを全網羅しているから

飽きることなく1年間続けることができます。

暮らしのお得技満載の新しい家計簿に、今年は乗り換えませんか?

ーーーーーーー

【お得技の掲載ページ】

【巻頭】

・スタートダッシュのお得技

【月初め】

しきたり、季節のお得技

【月末】

・今すぐ作れる時短レシピ

・PBvsメーカー品 お得なのはこっち!

・ラクラク出来るお掃除術

・スーパーマーケット活用術

・無印良品のベストアイディア

・コストコ徹底活用術

・お洗濯&部屋干しの新常識

・絶対焼かないスキンケア

・下半期スタートの節約のお得技

・お家でできるエクササイズ

・エアコン&扇風機 節電のお得技

・いつでも人を呼べる部屋づくりのコツ

・おもてなしレシピの大正解

・ヘアケアのお悩み解決!

・100均アイテムが素敵なインテリアに大変身!

・知っているだけで部屋が片付く魔法の整理術

・IKEAで買うべきベストアイテム

・公共料金のお得技

・贈り物の作法

・冠婚葬祭の作法

ーーーーーーー

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

こちらもおすすめ!

BGtheBest_0204_OL_detail_140921

テストを重ねて見つけ出した
本当に使えるビジネスグッズ598製品

ビジネスにおいて、第一印象はとても大事なもの。 清潔感や高級感をまとったスーツに袖を通し、 商談時にサッと万年筆を取り出せば、 なんともクールでデキるビジネスマンに早変わり。 本当に良い道具は、あなたを有能に見せてくれるはずだ。 身につけるビジネスグッズひとつで、 周りの評価も仕事の効率もガラッと変わるだろう。   本書では、テストするモノ...

teinen_cover_large_134910_detail_135502

いちばん正しい!しっかり得する!
年金のもらい方 保険と税金の手続き

「手続き」で定年後の暮らしが豊かになる! セカンドライフを平穏に過ごすには、なるべく支出を減らし、できるならば収入を増やしたいものです。 それを実現できる手続きを解説していきます。...

KY2020_H1_4_0114_detail_164326

人気12大ジャンル別
最強の優待ランキング

持っているだけで各種品が貰えることで人気を集める優待銘柄の中から、プロが特にオススメする銘柄を厳選! 地域の名産品といった現物をはじめ、施設の利用券やギフトカタログなど、12大ジャンル別に銘柄を掲載。 購入価格から利回りを計算すれば、お得な優待銘柄も見つかるはず! 気になる優待品を目当てに投資を始めてみるのは如何でしょうか?...

NISA2020_H1_4_SAI_detail_164850

投資ビギナーこそ
NISAを始めるべき理由

NISAについて聞いたことはあるけど、実際にやるのは難しそう……なんて考えている人も多いのでは? でも実は、投資ビギナーにこそオススメしたいのがこのNISAなのです! なんと投資金額が100円からでもスタート可能で、大きく資産が増えることがある株式投資も5万円以下で買える銘柄がたくさんあります スタートから5年経ち、今では専門口座数が1300万口座以上! みんなが始めている...

oyato2020_H1_detail_210834

知らなきゃ損する
頭のいい税金対策と手続きがまるわかり

自分の親は特に財産など持ってないと思っていても、実は2000万円以上の貯蓄がある世帯はざらだったりします。 その貯め込まれた財産は、親が元気なうちから対策をたてておかなくては、多くが国に奪われてしまう可能性が高いです。   今後、高齢化が加速し年金も減っていくと思われる30代、40代、50代の現役世代の老後は、親の財産を上手に引き継ぐ方法を知っているかどうかで大きく変わってきます。...

トップに戻る