幕末の新知識 | 晋遊舎ONLINE

cat_rekishi

晋遊舎ムック

幕末の新知識

Bakumatsu_H1_detail_185533
クリックで拡大する

幕末の新知識

定価: [本体1000円]+税
発売日: 2016.09.15
判型: A4変形
ページ数: 128ページ
雑誌コード: 63414-90
ISBN: 978-4-8018-0559-0

媒体概要

最後に笑った人・泣いた人は?
明治維新 裏事情

2016.09.15

『教科書が教えてくれない ディープな幕末の裏側』
綴じ込み表
龍馬を斬った刀
近藤勇の刀
土方歳三の刀
綴じ込み裏
龍馬の刀
幕末諸藩状況276藩
戊辰戦争激戦地マップ
徳川幕府が滅亡した4つの理由
CONTENT#1
幕末の常識
  • 〝幕末〟の始まりは二説あり
  • 老中・阿部正弘の功罪
  • 幕末年表早わかり
  • 幕末京都主要施設地図
  • 幕末の4思想の復習
  • 大老暗殺の衝撃は天誅を生んだ
  • 悲劇のイケイケ天狗党
  • 外国通な政宗の子孫・伊達宗城
  • 御三卿出身の開明派・松平春嶽
  • 本州最果ての賢人・島津斉彬
ほか
CONTENT#2
坂本龍馬と幕末の経済
  • 徳川の破産と崩壊
  • ファストフード誕生
  • 豪商たちの興亡
  • 五代友厚の素顔
  • 裏金の実態
  • 長州藩260年の呪詛
  • 毛利敬親と家臣の温度差
  • 攘夷派・周布政之助の死
  • 急進派が育った明倫館
  • 松下村塾カリキュラム
ほか
CONTENT#3
維新志士と警察機構
  • 献身的な徳川の忠臣
  • 江戸版新選組・新徴組
  • 〝人斬り〟たちのお仕事
  • 近藤勇の強欲な実像
  • 幕末の4大人斬り
  • 超ブラックな幕末警察
  • 龍馬暗殺の黒幕・容疑者8人のファイル
CONTENT#4
戊辰戦争の闇と真実
  • 幕末・フランスの思惑
  • 幕末・イギリスの思惑
  • 大君制国家とは?
  • 岩倉具視の世渡り力
  • 偽官軍・赤報隊の真実
  • 低レベルだった旧幕府軍
  • 政治力と人心掌握作戦
  • 会津戦争・北部政権構想
  • 談合だった江戸城開城
  • ええじゃないか某略説
ほか
CONTENT#5
幕末から御一新の世へ
  • 大坂・遷都の可能性
  • 廃藩置県はクーデター
  • 藩閥争いで武士終了
  • 夢と消えた徳川総理
  • 明治の元大名たち
  • フルベッキ群像写真は合成か?
  • 開国による日本経済混乱
  • 新政府下で肥大化していった日本の財閥
  • 新通貨圓の誕生
  • 幕末美女ランキング
ほか

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

こちらもおすすめ!

明智光秀_H1-4PAGE1_Adv_detail_115916

2020年大河ドラマの主人公
明智光秀のすべてがわかる!

本能寺の変で織田信長を殺し、天下の謀反人として歴史に名を残した明智光秀。ところが近年、その評価が変わりつつある。実は高い教養を持った有能な人物だった…、善政を敷し領民に慕われていた…、本妻への純な愛情を貫いたなど、様々な発見があり、新たな説がとなえられ、新しい人物像が取り上げられている。 そして、ついに2020年の「大河ドラマ」の主人公になった。本書では、日本史上最大のミステリーとまでいわれ...

Art2020_H1_H4_1118_detail_124630

2020年は日本初公開の名画の当たり年!
知れば誰から話したくなる情報が満載!!

オリンピックイヤーの2020年は、いつにも増して美術の名品を鑑賞できる年だ。その中でも、海外に流出した日本の名品が「ボストン美術館展」としてボストン美術館から来日。日本にあれば国宝間違いなしの逸品たちだ。また世界初の大規模所蔵作品展にして、全作品日本初公開という「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」も注目。この2大美術展はいずれも見逃せないだろう。 国内では滅多に見られない秘仏から大人気の絵...

日本のしきたり表1-4_ol_detail_172008

新しい元号「令和」の時代に読みたい
受け継がれてきた日本のしきたり」を知る

2019年5月1日をもって新元号「令和」の時代となりました。 出典は日本最古の歌集「万葉集」から。初めて日本の国書を典拠とした元号となりました。 今一度、私たち日本人にとって、 代々受け継がれてきた「日本の心」を改めて見つめ直す良い機会かもしれません。 長い歴史を持つ日本の生活に息づいてきた様々なしきたりへの理解を深め、 この国に生まれてきたことを感謝できる 豊...

rekishi06-h1_detail_125110

食生活、お金事情から人気の職業、長屋生活まで
「江戸の暮らし」の喜怒哀楽を徹底解説!

豊臣秀吉の命によって徳川家康が治めることとなった江戸は、その後、徳川幕府によって整備され、大きく発展し、100万人都市へと成長しました。その結果として、長い太平の世は、江戸を中心とした町人文化を花開かせることとなったのです。 平和を謳歌する人々は食や住居、衣服はもとより、娯楽や旅など、生活を楽しもうとする心が様々な文化を育んでいきました。江戸の庶民の暮らしは、今を生きる現代の人々にとっても魅...

歴史旅人_05明智光秀表紙_detail_170303

2020年大河ドラマの主人公「明智光秀」の
謎に満ちた生涯のすべてがわかる!

2020年の大河ドラマの主人公になるなど、その人物像が再評価されている明智光秀。ひと昔では考えられないほどの人気ぶりだ。 長きにわたり「天下の謀反人」として評されてきた、日本で一番有名な謀反人・光秀はなぜこんなにも人気があるのだろうか。 謎に満ちた生涯、本能寺の変の真実、子孫のその後、戦国武将としての功績、信長との関係など、様々な角度から、「明智光秀」の謎を検証する!...

トップに戻る