カーグッズ安くて良いモノ ベストコレクション | 晋遊舎ONLINE

100%ムックシリーズ

カーグッズ安くて良いモノ ベストコレクション

カーグッズの「良コスパ製品」を270個を集めました!

web_カーグッズ安くて良いモノベストコレクション_detail_235341
クリックで拡大する

カーグッズ安くて良いモノ ベストコレクション

定価: [本体680円]+税
発売日: 2016.10.14
判型: A4変形
ページ数: 96ページ
雑誌コード: 67609-81
ISBN: 978-4-8018-0583-5

媒体概要

「良コスパ製品」だけを集めた完全保存版MOOK

2016.10.12

_YCAR_006-007_article_234523

自動車のプロと編集部が集めた
「安くて良いカーグッズ」を徹底紹介!
秋冬シーズン向けの暖房や雪対策グッズから日常のカーライフを
助ける便利アイテムまでさまざまなモノを取り揃えています!

特集では「スタッドレスタイヤ徹底テスト」
冬の悪路では欠かせないスタッドレスタイヤですが
どれくらい性能に差があるのか、人気の3メーカー製品に
絞って徹底テストしちゃいました!
タイヤは安全に直結するパーツだけにきちんとした性能の
製品を選びぬきましょう!

人気の「カーナビ」や「ドライブレコーダー」もテストしてます!
高価な製品が性能がいいのは当たり前ですが、実は安いモノでも
高性能なアイテムがあるんです!それぞれキチンとテストして
本当の実力を比較しているので是非参考にして下さい!

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

おもな内容

  1. 1.

    カーグッズ ベストバリュー15

  2. 2.

    マイベストオブ安くて良いカーグッズ
    Part1:便利アイテム編
    Part2:快適ドライブ編
    Part3:ドレスアップ編
    Part4:メンテナンス編
    Part5:アウトドア編

  3. 3.

    スタッドレスタイヤ徹底テスト

  4. 4.

    安くて良いカーナビ選び

  5. 5.

    ドライブレコーダー実力チェック2016-2017

こちらもおすすめ!

outdoorBBQ_H1-4_0517_HQ

外遊びが楽しくなる
“ズルい道具選び”と“使える実践テク”を
291個、集めました。

外遊びが楽しくなる “ズルい道具選び”と“使える実践テク”を 291個、集めました。   注目の内容は…… 【PART1】 公園、水遊び、フェスを満喫するための 『週末レジャーのお得技』 【PART2】 外遊びの醍醐味を手軽に楽しみ尽くす 『BBQ・焚き火のお得技』 【PART3】 コツさえ掴めば手間もコストも最小限 『楽ちんキャ...

m

MONOQLO CAMP 2018

2018.04.26

安くてもサマーになる
キャンプ道具、山盛り。

「MONOQLO CAMP(モノクロ キャンプ)」は テストするモノ批評誌『MONOQLO』から生まれた 最高に超ド良い(ちょうどいい)アウトドア誌です。 「ただの広告」や「実際は使いもせずオススメする商品記事」だらけのネット、 「コアでハイレベルな専門誌」とは一線を画す「初心者目線」をモットーに、 紹介するモノ・コトは徹底検証、体験取材を敢行! その上で「この...

cargoods_h1_h4_web_detail_123827

ドライブの悩みを解決すれば
カーライフはもっと楽しくなる!

カーグッズのプロと編集部がセレクトした 「これは使える!」とオススメできる カーグッズ300点あまりを大公開!   掲載しているカーグッズは スマホ用アイテム、収納アイテム、快適ドライブ、 安全サポート、洗車・車内清掃、便利アイテム、 オートキャンプ・車中泊の全7ジャンル。   「移動中にスマホを充電したい」 「長距離移動で腰が痛い」 そんな悩...

MAZDA_list_195346

だからマツダというメーカーを選ぶ!
クルマ好きに愛されるワケを徹底解剖

頭ひとつ抜けたスタイルの魂動デザインで 
世界中のクルマ好きを魅了する マツダを徹底チェック!   近年スカイアクティブによる走りの進化と
魂動デザインによる 統一スタイルよって
急激に存在感を増しているマツダを大研究!   少数精鋭のラインナップを徹底的に辛口評価します!...

50mm_カバー入稿データ_表1表42018_0312

世界のエッジで切り撮った
時代の先の、さらに先。

大麻ビジネス最前線
サードウェーブ・ホームレス
第二次金融世界大戦
皆既日食2017
サイバー世界の壁
夕日インフレ

出版界の常識を破る 巨大判型不定期誌、新発刊! -以下、本文より- 長年の読者は、僕のことを、良く言えば挑戦的、悪く言えば、無謀な天邪鬼とお考えなのは自分でも知るところだが、 この期に及んで紙の雑誌を不定期ながらも新発刊するとは無茶にも程があると誰もがいう。 世の中、出版不況だそうだ。 雑誌は、毎月のように廃刊し、書店や出版社は日々会社を畳んでいる。 話を聞けば、ウェブサイト...

トップに戻る