江戸の真実 | 晋遊舎ONLINE

cat_rekishi

晋遊舎ムック

江戸の真実

へぇ!と驚く江戸暮らしのトリビアが満載!

EdoTruth_H1_detail_213614
クリックで拡大する

江戸の真実

定価: [本体1,000円]+税
発売日: 2016.05.16
判型: A4変形
ページ数: 132ページ
雑誌コード: 63414-52
ISBN: 978-4-8018-0472-2

媒体概要

現代とここまで違う
江戸暮らしのトリビア

2016.05.16

EdoTruth_Map

◆江戸の日常:将軍の日常/江戸時代の天皇16代/大名イジメ「参勤交代」の実態/男を売った江戸のヤクザもん……ほか
◆江戸のスゴイ人:関孝和と和算/華岡青洲と医学/大野弁吉と箱形写真機 /嫌われ者・鬼平と人足寄場/徳川家と柳生一族/関ヶ原の勝ち組一族の悲哀〜真田の末路/大剣豪宮本武蔵のニート生活……ほか
◆江戸のミステリー:馬琴の七不思議/江戸城の地下要塞のヒミツ/駿府城の「肉人」とはなんだ?/河童と加藤清正……ほか
◆江戸の男と女:女性上位の江戸の夫婦関係/旅人の夜遊び事情「丘場所」「飯盛女」/花魁には殿様もメロメロだった!
◆江戸のテクノロジー:朝顔の品種改良/万年時計/天体望遠鏡/薩摩の集成館/和時計……ほか
◆江戸の医術:江戸260年の医療の進展/嫌われながらも繁昌した中条流/江戸っ子を勃たせた精力剤/爆発的にヒットした大衆薬/膃肭臍将軍・家斉/薬価統制と吉宗の薬種政策/花魁は梅毒持ちが極上!?……ほか
◆江戸のアラカルト:家康を支えた武士ならざる人物/江戸を支えた超金持ちと災害/江戸の嫌われ者/数字で見る江戸時代/江戸の美食……ほか

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

おもな内容

  1. 1.

    将軍から町人までの日常とは?

  2. 2.

    時代を先取った!? 江戸時代のスゴイ人

  3. 3.

    怪異が蔓延る江戸のミステリー

  4. 4.

    性に大らかだった江戸の男と女

  5. 5.

    侮れない江戸の技術・医術・芸術

こちらもおすすめ!

歴史旅人02ドイツ戦車表1_detail_130939

第二次世界大戦で活躍した
ドイツ戦車のナンバーワンが決定!

第一次世界大戦で新兵器として登場した「戦車」は、第二次世界大戦で急激に進化し、陸戦で不可欠な兵器となった。とりわけ、ドイツでは独自の技術により数々の名戦車を生み出し、革新的な戦術を駆使して、ヨーロッパ戦線で多くの戦果をあげた。開発から運用まで、様々なエピソードを残すドイツ軍戦車の中で、いちばん強かったのはどの戦車なのか。様々な観点から総合的にランキング! CGや細部のイラストに加え、活躍した戦史を...

RekishiTabibito01_detail_171744

最強隊士ランキングから血の事件簿まで
この1冊に新選組のすべてが凝縮!

幕末動乱の中、過激派志士たちの粛清により、京の町にその名を轟かせた剣客集団「新選組」。 彼らは自らが拠り所とした「士道」のもと殺戮を繰り返し、 志士たちはもちろん、時には仲間さえもその剣で斬り捨てた。 そして、京都を追われ、多くの仲間を失いながらも北へと向かう…。 滅びゆく幕府に殉じたのは、何のためだったのか。 「誠」の名のもと、自らの命を燃やした「漢」たちのすべてに...

日本の城完全ガイド表紙_detail_164707

現存天守から絶景の山城まで
全国の「名城」を厳選紹介!

戦国武将が拠点とし、自らの野望と権力の象徴でもあった「城」。 戦火によって失われた城もあれば、運よく今なお当時の姿を保っている城もある。 全国各地に残る城や城跡は、その時代を生き抜いた人間の歴史が凝縮されたと言っても良いだろう。 「歴史」「構造」「現存する天守閣」「絶景の山城」「築城名人」「信長の城」…。 壮大なロマンを感じることのできる「城」のすべてを解説する。...

日本刀 完全ガイド_表1_detail_155425

〝武〟と〝美〟が融合した至高の刀剣の魅力!
この1冊で「日本刀」のすべてがわかる!

かつては祭祀の道具だった「刀」は、神秘性を秘めながらも合戦の武器として発展し、武士の魂とまで呼ばれるようになりました。 武と美を合わせ持った「刀」は、単なる武器ではなく、見る者の魂を揺さぶる芸術品でもあります。 数々の伝説を持つ名刀「天下五剣」、戦国時代を生き抜いた名将たちの愛刀から、刀工たちの匠の技、各部の名称まで、この1冊で日本刀のすべてがわかります。 また、剣豪ランキングや...

bijyutsuten_01_detail_153553

巨匠の大作から話題の名作が一挙に来日!
知れば誰かに話したくなる情報が満載!

世界に名だたる巨匠の名作や美術コレクターの秘蔵作に加えて、国宝の秘仏大集合や浮世絵の名作など、美術通ならずとも見逃せない美術展が目白押しの2019年。 圧等的な人気を誇るゴッホから、すでに話題をさらっているフェルメールの作品展。西洋美術を語る上では欠かすことのできないハプスブルグ家にまつわる展覧会、さらに、空海ゆかりの東寺からは、立体曼陀羅から10体の国宝秘仏が東京に乗り込んでくる。さらに、...

トップに戻る