家電批評2016年5月号 | 晋遊舎ONLINE

cat_kaden

ホンモノがわかる家電情報誌

家電批評2016年5月号

Amazon VS 家電批評

kdn1605_H1H4_0324_detail_173405
クリックで拡大する

家電批評2016年5月号

特別定価: 680円
発売日: 2016.04.02
判型: B5
ページ数: 160
付録: ナシ
雑誌コード: 12345-05

媒体概要

アマゾン完全攻略!! コレがホントの5つ星だ!!

2016.04.01

KH1605_Amazon

今月の特集

Amazon最強攻略

アマゾンでのお買い物。購入者のレビューを参考にしていませんか? アマゾンの特徴は定番商品はもとよりアマゾンでしか販売されていないマニアックな商品に100件、1000件とレビューが寄せられていることです。しかし、レビュアーーの評価は本当に正しいのでしょうか? 家電批評5月号ではレビュアー達が高評価した商品をガチテスト。本当のアマゾン製品ベストバイを決定します。さらに、アマゾンを使いこなすテクニックや裏技も満載!!

今月のテスト・検証

ボディ内手ブレ補正搭載カメラナンバーワン決定戦

ミラーレス一眼を中心に搭載機種が増えている5軸手ブレ補正。従来の手ブレ補正では対応が難しかったシフトブレ、回転ブレも補正でき、あらゆる手ブレを補正できると言われています。果たして従来の手ブレ補正に比べて高い補正効果があるのか、また5軸手ブレ補正カメラ同士で性能に差はあるのか。手ブレ補正の効果測定を研究する専門家の協力のもと詳しく検証しました。家電批評のテストは業界団体「CIPA」のテスト基準とは異なり、角度ブレ、シフトブレ、回転ブレの3つの手ブレを別々に検証します。果たして、最強手ブレ補正カメラは?

手ブレ補正シミュレータ

今回検証したのは、5軸補正カメラ3台(OLYMPUS OM-D E-M5 Mark2/SONY α7 Ⅱ/SONY α7R Ⅱ)、2軸補正カメラ2台(PENTAX K-3Ⅱ/SONY α77Ⅱ)、4軸補正カメラがPanasonic LUMIX GX8です。角度ブレ、回転ブレのテストは3軸式の手ブレ補正シミュレータを用いて検証を行っています。

そのほかのテスト・検証

VAIO Phone Biz

  • スマホだけどパソコンになる!? VAIO Phone Biz 最大の特徴「Continuum」の使い勝手とは?
  • 本誌副編が自腹でゲット ポタアンChord Electronics「Mojo」識者間で分かれる評価

今月のランキング

「つながらない」は3000円で解決できます Wi-Fi中継器を使え!!

Wi-Fi中継器全17台の性能を一軒家を貸し切ってガチテストしました。転送速度と電波強度を寝室やリビングなど5カ所で計測。実際の使用環境に近い検証を行っています。

検証したWi-Fi中継器

コスパNo.1はどれだ!? アンダー5万円ノートパソコンランキング

アマゾン価格が5万円を切るノートパソコン21機種の性能や使い勝手をテストしました。ベテランのPCライター3名がスペックのみならずキーボードやディスプレイの品質、ポインティングデバイスの操作性を厳密に採点。1ヵ月を超える制作期間で作り上げた渾身のランキングです。1位のパソコンには「この価格でここまで!」 と驚くこと間違いないことでしょう。

Amazonで買える格安パソコンたち

そのほかの注目誌面

  • 使うとハマる浮遊動画の世界! カメラスタビライザー入門
  • ドロ沼身売り騒動劇 だからシャープはダメになった

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

105ページ掲載の「サポート3」の文章のお詫びと訂正

見出し

  • IIJで買えば保証も付きます
  • IIJで買えば補償も付きます

写真左キャプション下から3行目

  • IIJmioの保証であれば、初回5000円で修理ができる
  • IIJmioの補償であれば、初回5000円で修理ができる

写真左キャプション下から3行目

  • IIJmio独自の保証サービスが受けられる
  • IIJmio独自の補償サービスが受けられる

ご迷惑をおかけしました読者の皆さまならびに関係各社の皆さまには深くお詫び申し上げます。

バックナンバー

すべて見る

KH1704_H1H4_0220_detail_194054

“キレイ”だけにこだわると写真はつまらない
デジカメ誌上教室。

「高性能なカメラでキレイに!」はもちろん悪いことじゃありませんが、そればかりが写真の楽しさではありません。ちょっと視野を広げればもっと写真が楽しめる。写真は楽しく楽に撮ることに焦点を当てた特集です! はじめての1台がわかる! カメラ初めてみたい!そんなビギナーにぴったりの高画質コンパクトとデジタル一眼を格付け。高画質コンパクトの大ベストセラーSONY Cyber-shot RX100、スマ...

IMG_0043_detail_145851

らくらくスマホ&格安SIM

料金がわからない、格安SIMは難しい……。そんな声にお応えするのがこの特集。一番かんたんな格安スマホ、格安SIMのはじめ方がわかります。 確実、安心!! これが最短距離のスマホ格安化です 今回、家電批評が注目したのは格安SIMとスマホの「セット購入」。スマホもSIMも一緒に買えて面倒な設定も不要。スマホの料金削減が一番手軽にできるのがこのセット購入なのです。そこで、SIMごとに、どの端末を...

家電批評2017年2月号表紙

Wi-Fi & 格安SIM最強バイブル

寒さも厳しくなる年の瀬です。今月号のコンセプトは“家籠もり”。インドア派の編集長いわく「外に出たくない!なんてときに、ネットが快適で、暖房もぬくぬくで、お金も貯まるなんて……こんな素敵なことはないんじゃないか!?」ということで、是非お役立てください! 格安SIMでも大手キャリアでもスマホ料金は確実に落とせる! 「格安SIM」「キャリア」「端末」の3本の矢でスマホ料金を節約する最新テ...

KH1701_H1_detail

家電製品
ベストバイ オブザ イヤー2016

2016年は小誌史上もっとも製品テストを繰り返した1年でした。数多の検証が導いた真のベストバイを総まとめ。スマートフォン、SIM、パソコン、カメラ、生活家電などあらゆるジャンルのベスト家電をお届けします。さらに、大掃除にも大活躍な「ロボット掃除機」の格付けテストも実施。これまでのルンバ一強の勢力図を塗り替える新展開に注目です。 2016年こそ格安SIM元年 話題になって久しい「格安...

MF90L6X_HY_01_P_CS5_detail_184522

創刊7周年! 最強の神機 &
電気ケトル/パソコン購入ガイド

家電批評は2016年の12月号で創刊7周年を迎えました。スマートフォン、オーディオ、生活家電など様々なジャンルの歴史を変えた「神機」、そして今購入でき神機に匹敵するあるいは凌駕する力をもつ「NEXT神機」を特集します。また過去のベストバイ製品の中でも複数回ベストバイに輝いた殿堂入り家電を一挙紹介する特別付録も。読み応え抜群の一冊です。 今月の特集 最強の神機 プラズマテレビなど2度と現れ...

トップに戻る