家電批評2016年7月号 | 晋遊舎ONLINE

cat_kaden

ホンモノがわかる家電情報誌

家電批評2016年7月号

買い物に迷わない! 価格が決まるワケ & 白モノ家電スペシャル

kdn1607_H1H4_200dpi_detail_103450
クリックで拡大する

家電批評2016年7月号

特別定価: 680円
発売日: 2016.06.03
判型: B5
ページ数: 160
雑誌コード: 12345-07

媒体概要

深掘り分析 & ガチテスト その差って何ですか!?

2016.05.31

kdn1607_032_033_1toku3_0524

今月の特集

高い理由・安いワケ 16′ 夏商戦編

本誌Vol.1からの大人気企画が満を持して登場です。単なる良し悪しではなく、最新の機能やスペックなど「製品の価格を決める理由」を解説!これで初心者も夏の買い物に迷いません。「高いエアコンは“人”を見て温度を測る!」「格安アンプは音を増幅するだけ 買う価値があるアンプは2万円から!」「2Kテレビと4Kテレビの差は画質よりも操作性!!」などメーカーのパンフレットや家電量販店の店頭ではわからない商品選びのツボが満載。テレビ、タブレット、Wi-Fiルーター、ポータブルアンプ、パソコン、プリンタ、デジタル一眼、エアコン、洗濯機、扇風機などオールジャンルでお届けします!!

家電批評的ポイント超活用術

「無料でPS4やiPhoneがゲットできる」嘘みたいですがホントなんです。誰でも儲かるテクニックを徹底解説。丁寧なチュートリアルで真似するだけでポイント長者になれます!!

白モノスペシャル ABC格付け評価

家電批評は白モノ(生活)家電にも本気です。オーブンレンジ、炊飯器、カプセル式珈琲メーカー、キャニスター掃除機、スティック掃除機の性能・機能を徹底検証。のべ31日間にわたるテストを実施しました。定番、人気製品が下位に転落する番狂わせも発生。そして、夏場に欠かせない扇風機も「高い理由・安いワケ」特集内で比較しています。買う前に読めば得すること請け合いです!!

そのほかの注目誌面

  • 新連載:DOビデオカメラ
  • 特別企画:パソコン “本気” 活用のススメ
  • クラウドファンディングのリスク!

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

147ページ掲載「マキタCL182FDRFW」の記事のお詫びと訂正

掃除機の方式を示す製品写真左の紫色のバッジに誤りがございました。ご迷惑をおかけしました読者の皆さまならびに関係各社の皆さまには深くお詫び申し上げます。

  • サイクロンです
  • 紙パックです

バックナンバー

すべて見る

家電批評4月本誌_detail_175018

買い替え!乗り換え!アップデート完了!
最新ベストバイランキング200+α 

今月の第1特集は、ベストバイ最新ランキング200+α製品! イヤホン、スマホ、ロボット掃除機、4Kテレビ、ネックスピーカー、炊飯器、あらゆる家電ジャンルの最新ランキングを一挙公開!最新家電も交え、これ一冊で家電知識をアップデート。また一味変わったデザイン家電特集やこれからの花粉シーズンに気になる空気清浄機の大特集など見所満載!...

KH1903_H1_0121nOL_detail_192858

2019年をおもしろがる買いものリスト100

今月号の1特は、「2019年をおもしろがる 買いものリスト100+α」。編集部が総力をあげて探し出した、2019年をおもしろくしてくれる、見たことないモノ、2019年ヒット確定なモノ、画期的なモノをまとめてご紹介します。ワーストバイからの下剋上を果たした、上半期安くていい4Kテレビ「ハイセンス」。動画クリエイターに話題のポケットカメラ「DJI OSMO Pocket」などなど、2019年のスタート...

71ETMnnkv9L_list_174900

あなたの「欲しいものリスト」荒らします。

突然ですが、あなたはアマゾンの1%も、知らない! もはや現代生活に欠かせないツールとなったAmazon。商品点数は奥単位とも言われていますが、最近同じようなものばかり買っているなあと、ふと思うことはありませんか? それもそのはず、Amazonは過去に自分が買ったものを分析してオススメの商品を予測して紹介してくれるからなんです。 しかし、おすすめされたものを買っているだけではもったいない!だっ...

KH1901_H1_detail_112224

ネットには書いていない史上最高のベストバイ
家電批評オブ・ザ・イヤー2018

家電批評10周年イヤーの幕開けとなる本号にて、家電批評オブ・ザ・イヤーを創設! 「買って欲しい」「使って欲しい」「知って欲しい」と思うものだけを真摯に、そして自信を持って選びました。2018年を象徴する全42部門112製品とその頂点に立つ年間グランプリを大発表!2018年もさまざまなテストや検証から数多のベストバイ製品が見つかりました。検証製品の総数は4000品を超え、170製品のベストバイが生ま...

H1812cver_detail_121641

#売れた#バズった#歓喜したベストヒット100
ホントの実力見せますスペシャル

今月号の焦点はズバリ「今年のヒット作」です。みんなが話題にする、あるジャンルでは圧倒的に売れている、そんなアイテムには「いいモノ」を超えたパワーがあるはず。その魅力。実力を語り尽くす特集、題して「#売れた#バズった#歓喜した ベストヒット100」。今年完全復活を果たしたソニー、Officeの価格差にざわついたSrfaceGo、復刻ブームの強まるレトロゲーム、ネーミングセンスが話題を呼んだ「iPho...

トップに戻る