[完全ガイドシリーズ124] アウトドアウエア完全ガイド | 晋遊舎ONLINE

cat_kanzen

100%ムックシリーズ

[完全ガイドシリーズ124]
アウトドアウエア完全ガイド

機能的過ぎるアウトドア洋品ベストバイ

OutdoorWear_H1_4_0205green
クリックで拡大する

[完全ガイドシリーズ124]
アウトドアウエア完全ガイド

定価: [本体680円]+税
発売日: 2016.02.24
判型: A4変形
ページ数: 96ページ
雑誌コード: 67608-90
ISBN: 978-4-8018-0416-6

媒体概要

暑くない! 寒くない! 不快感がない!
春夏秋冬対応のアウトドアウエアあります。

2016.02.23

OutdoorWear_H1_4_0205green

◆【INTRODUCTION】「1年365日、毎日アウトドアウエアを着よう」「レイヤリング術を知れば年中快適に過ごせる!」ほか◆【PART1】『1枚で快適になるベースウエア』/高性能インナーウエア/ミドルウエア/ほか◆【PART2】『雨も風もしのぐレインウエア』/レインウエアの選び方/U1万円レインウエア/ほか◆【PART3】『オールシーズンを快適にするパンツ』/高性能ロングパンツ/高性能ショートパンツ/ほか◆『U5,000円フリースランキング』◆【PART4】『ピックアップ!  10大アウトドアブランドブランド』/コロンビア/ザ・ノース・フェイス/ほか

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

おもな内容

  1. 1.

    1枚で快適になるベースウエア

  2. 2.

    雨も風もしのぐレインウエア

  3. 3.

    オールシーズンを快適にするパンツ

  4. 4.

    U5,000円フリースランキング

  5. 5.

    ピックアップ! 10 大アウトドアブランドブランド

【お詫びと訂正】
●38ページの製品カテゴリに間違いがありました。
「モンベル U.L.ストレッチウインド パーカー Men’s」は
「レインウエア」ではなく、正しくは「ウインドシェル」になります。

●61ページの製品名と価格の表記に誤りがありました。
正しくは下記をご覧ください。
【誤】
グラミチ ナイロントラックリブパンツ 1万2744円

【正】
グラミチ NNパンツ 1万1664円

●89ページの本文29行目におきまして製品名の表記に誤りがありました。
正しくは下記をご覧ください。
【誤】
ストリームクルーザージャケット

【正】
ストームクルーザージャケット

ご迷惑をおかけしました読者の皆様ならびに関係各社には深くお詫び申し上げます。

こちらもおすすめ!

outdoor_otoku_H1_268

登山、キャンプ、フェス、旅の予定が決まったら
まずこの本を読んでください!

これから始める人には「王道技」を、もう始めている人には「ちょい便利技」を。 アウトドアを楽しむ人たちが「知るだけで"得する"ネタ」を集めました。 納得! 共感! 試したい! そんなお得技をお届けします。...

yamanobori_beg_H1_4_268

日帰りも山小屋泊も、
必要なものすべてあります。

その一歩が楽になる、 登山道具と基礎知識。 これから山登りをはじめる人が 「何が必要で」「どれが自分に合うか」 道具のあれこれがスッと分かる内容です。 また、登山のマナーや計画など、 基礎知識もあるので、ひと安心。 この一冊あれば山デビューができます。...

Bousai_H1_detail_180950

自腹で徹底テストしたからこそわかった
本当に必要な「防災グッズ」大発表!

震災をきっかけに高まる「防災意識」 だけど防災グッズの何を揃えていいか分からなかったり、 使わないまま保存期間が切れていたりしませんか?   そこで、MONOQLO編集部は 防災のプロと被災経験者から実際に必要だと聞いた「防災グッズ」を 自腹でみっちり徹底検証。 同じジャンルの製品でも使い勝手に驚くほど差がありました!   ...

takibi_H1_4_268

まるごと一冊「焚き火」!
焚き火の「全て」が分かる本!

キャンプのメインと言えば「焚き火」 とは言え、ただ薪を燃やすだけではありません。 アウトドアメーカーからはたくさんの焚き火道具が発売されており、 使い勝手も機能もそれぞれ。   本誌はフィールドで実用的な「焚き火ギア」を一冊にまとめた内容です。 各ブランドの焚き火台をはじめ、関連道具をとことん掲載しています。 キャンパーにはきっと伝わるはず。 ...

water268

キャンプでカヤック! 海水浴にSUP!
レジャーをアクティブに楽しむ方法、あります。

キャンプでカヤックする人が増えました!   これまでカヤックと言えば、難しそう…なマニアックな世界でしたが、今はそんなことありません。キャンプシーンにカヤックレジャーが台頭し、今では多くの人が手軽に楽しんでいます。そしてかつて高額だったカヤックもリーズナブルな価格帯に。さらには空気で膨らませるインフレータブルカヤックならバッグに収まるから車でも持ち運び可能と、とても身近な存在...

トップに戻る