[完全ガイドシリーズ148] (得)ふるさと納税 完全ガイド | 晋遊舎ONLINE

cat_kanzen

100%ムックシリーズ

[完全ガイドシリーズ148]
(得)ふるさと納税 完全ガイド

やらなきゃ損!誰でも100%得をする驚異の制度 故郷以外でもOK

furusato_H1_4_0802_detail_144255
クリックで拡大する

[完全ガイドシリーズ148]
(得)ふるさと納税 完全ガイド

定価: [本体680円]+税
発売日: 2016.08.18
雑誌コード: 67609-57
ISBN: 978-4-8018-0539-2

媒体概要

最新の激うま特産品&確定申告ガイド

2016.08.18

furusato_article_185613

日本全国の自治体1700超の最新情報を徹底調査。
プロが厳選したおすすめの返礼品ランキングをはじめ、
誰にでもわかるふるさと納税の始め方をご紹介!
【巻頭特集】賢く!おトクに!名産品選びの(得)ルール
ふるさと納税達人が伝授する3大テク
【PART 1】寄附予算別プランを紹介
●特典最強 [寄付額別] 組み合わせ
3万円/5万円/7万円
10万円/15万円/30万円
【PART 2】
●ふるさと納税トクトク10連発!!
【PART 3】
●ホントにお得な好還元率・返礼品BEST 7
【総力特集】プロ17人が選んだ人気返礼品!
ジャンル別 特産品ランキング
お取り寄せの大本命
●お肉
大人気の海産物がいっぱい
●魚介
最上級米がズラリ
●お米
旬を存分に味わう
●フルーツ
2016年初登場
●最新返礼品
人気銘柄が大集合
●お酒
新鮮野菜が盛りだくさん
●野菜
甘いモノ好きはコレ
●スイーツ
加工品やドリンクなど
●食品エトセトラ
毎日を便利&豊かに!
●家電
家族で休日を楽しむ
●レジャー
変わり種が目白押し!
●高額特典全 [12ジャンル]
【特集2】寄附した後にじっくり返礼品を選べて便利!
「ポイント制」自治体ベストセレクション
【特集3】[2016年最新版] 寄附の仕方から「ワンストップ特例制度」まで徹底解説
ふるさと納税まるわかりガイド
  • ①仕組みを理解しよう
  • ②流れを把握しよう
  • ③寄附上限額を知ろう
  • ④サイトをチェックしよう
  • ⑤ワンストップ特例を活用しよう
  • ⑥確定申告しよう
  • ⑦ふるさと納税注意点
ほか

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

こちらもおすすめ!

BGtheBest_0204_OL_detail_140921

テストを重ねて見つけ出した
本当に使えるビジネスグッズ598製品

ビジネスにおいて、第一印象はとても大事なもの。 清潔感や高級感をまとったスーツに袖を通し、 商談時にサッと万年筆を取り出せば、 なんともクールでデキるビジネスマンに早変わり。 本当に良い道具は、あなたを有能に見せてくれるはずだ。 身につけるビジネスグッズひとつで、 周りの評価も仕事の効率もガラッと変わるだろう。   本書では、テストするモノ...

teinen_cover_large_134910_detail_135502

いちばん正しい!しっかり得する!
年金のもらい方 保険と税金の手続き

「手続き」で定年後の暮らしが豊かになる! セカンドライフを平穏に過ごすには、なるべく支出を減らし、できるならば収入を増やしたいものです。 それを実現できる手続きを解説していきます。...

KY2020_H1_4_0114_detail_164326

人気12大ジャンル別
最強の優待ランキング

持っているだけで各種品が貰えることで人気を集める優待銘柄の中から、プロが特にオススメする銘柄を厳選! 地域の名産品といった現物をはじめ、施設の利用券やギフトカタログなど、12大ジャンル別に銘柄を掲載。 購入価格から利回りを計算すれば、お得な優待銘柄も見つかるはず! 気になる優待品を目当てに投資を始めてみるのは如何でしょうか?...

NISA2020_H1_4_SAI_detail_164850

投資ビギナーこそ
NISAを始めるべき理由

NISAについて聞いたことはあるけど、実際にやるのは難しそう……なんて考えている人も多いのでは? でも実は、投資ビギナーにこそオススメしたいのがこのNISAなのです! なんと投資金額が100円からでもスタート可能で、大きく資産が増えることがある株式投資も5万円以下で買える銘柄がたくさんあります スタートから5年経ち、今では専門口座数が1300万口座以上! みんなが始めている...

oyato2020_H1_detail_210834

知らなきゃ損する
頭のいい税金対策と手続きがまるわかり

自分の親は特に財産など持ってないと思っていても、実は2000万円以上の貯蓄がある世帯はざらだったりします。 その貯め込まれた財産は、親が元気なうちから対策をたてておかなくては、多くが国に奪われてしまう可能性が高いです。   今後、高齢化が加速し年金も減っていくと思われる30代、40代、50代の現役世代の老後は、親の財産を上手に引き継ぐ方法を知っているかどうかで大きく変わってきます。...

トップに戻る