決算書がまるごとわかる本 | 晋遊舎ONLINE

cat_wakaru

100%ムックシリーズ

決算書がまるごとわかる本

専門知識はいりません! 「決算書」をいちばんやさしく解説!

kessansho_H1_detail_153349
クリックで拡大する

決算書がまるごとわかる本

定価: [本体1100円]+税
発売日: 2018.12.03
判型: A4変形
ページ数: 112ページ
雑誌コード: 67658-06
ISBN: 978-4-8018-1029-7

媒体概要

簿記知識不要! ゼロからでも理解できる!
難解な決算書を読み解く知識を徹底解説!

2018.11.29

012-013決算書って何だ?10T流し込み-1121.indd

今まで「決算書」をマスターしようとして、そのに難解さにつまずいた人は多いはず。

そんな人のために「決算書」の理解に本当に必要な部分だけを取り出して、

やさしくまとめたのが本書です。

簿記の知識や専門的なスキルは一切いりません。読み進めていくうちに、いつの間にか「決算書」がわかってくる1冊なのです。

ビジネスマンの仕事はもちろん、投資、就職、転職にも役立つ、究極の「決算書」バイブルで、会社のしくみを一気に理解できます。

 

著者/吉田猫次郎

日本では数少ない認定事業再生士(CTP)であり、日頃は中小企業の再生コンサルタント、認定支援機関としての経営改善計画策定支援を行なっている。自身も或る日突然連帯保証債務を背負わされた壮絶な体験もある。著書多数。テレビ、ラジオ出演のほか、講演などで全国を飛び回っている。

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

おもな内容

  1. 1.

    30分でわかる! 決算書のしくみ
    簿記知識は不要。簡単に決算書の基本がわかるポイントだけをまとめました!

  2. 2.

    財務3票がスラスラ読める!
    決算書の種類は3つだけ。決算書マスターのための第1歩に必要不可欠な知識を丁寧に解説!

  3. 3.

    決算書で企業の問題を見抜く!
    危ない会社がすぐわかる! 決算書で企業の改善ポイントが見えてくる。

  4. 4.

    実践! 有名企業86社「決算書」徹底分析!
    堅調トヨタから、波乱のライザップまで 最新決算書から企業のリアルを読み解く!

こちらもおすすめ!

BGtheBest_0204_OL_detail_140921

テストを重ねて見つけ出した
本当に使えるビジネスグッズ598製品

ビジネスにおいて、第一印象はとても大事なもの。 清潔感や高級感をまとったスーツに袖を通し、 商談時にサッと万年筆を取り出せば、 なんともクールでデキるビジネスマンに早変わり。 本当に良い道具は、あなたを有能に見せてくれるはずだ。 身につけるビジネスグッズひとつで、 周りの評価も仕事の効率もガラッと変わるだろう。   本書では、テストするモノ...

teinen_cover_large_134910_detail_135502

いちばん正しい!しっかり得する!
年金のもらい方 保険と税金の手続き

「手続き」で定年後の暮らしが豊かになる! セカンドライフを平穏に過ごすには、なるべく支出を減らし、できるならば収入を増やしたいものです。 それを実現できる手続きを解説していきます。...

KY2020_H1_4_0114_detail_164326

人気12大ジャンル別
最強の優待ランキング

持っているだけで各種品が貰えることで人気を集める優待銘柄の中から、プロが特にオススメする銘柄を厳選! 地域の名産品といった現物をはじめ、施設の利用券やギフトカタログなど、12大ジャンル別に銘柄を掲載。 購入価格から利回りを計算すれば、お得な優待銘柄も見つかるはず! 気になる優待品を目当てに投資を始めてみるのは如何でしょうか?...

NISA2020_H1_4_SAI_detail_164850

投資ビギナーこそ
NISAを始めるべき理由

NISAについて聞いたことはあるけど、実際にやるのは難しそう……なんて考えている人も多いのでは? でも実は、投資ビギナーにこそオススメしたいのがこのNISAなのです! なんと投資金額が100円からでもスタート可能で、大きく資産が増えることがある株式投資も5万円以下で買える銘柄がたくさんあります スタートから5年経ち、今では専門口座数が1300万口座以上! みんなが始めている...

oyato2020_H1_detail_210834

知らなきゃ損する
頭のいい税金対策と手続きがまるわかり

自分の親は特に財産など持ってないと思っていても、実は2000万円以上の貯蓄がある世帯はざらだったりします。 その貯め込まれた財産は、親が元気なうちから対策をたてておかなくては、多くが国に奪われてしまう可能性が高いです。   今後、高齢化が加速し年金も減っていくと思われる30代、40代、50代の現役世代の老後は、親の財産を上手に引き継ぐ方法を知っているかどうかで大きく変わってきます。...

トップに戻る