家電批評2017年09月号 | 晋遊舎ONLINE

cat_kaden

ホンモノがわかる家電情報誌

家電批評2017年9月号

スマホ、4KTV、洗濯機、ハイレゾ、いろんな大正解を探しました

KH1709_detail_203432
クリックで拡大する

家電批評2017年9月号

特別定価: 680円
発売日: 2017.08.03
判型: B5
ページ数: 144ページ
付録: 綴じ込み小冊子
雑誌コード: 12345-09

媒体概要

複雑怪奇な料金プラン
最新かつ最得のプランはコレだ!!

2017.08.03

KH1709_P014-015_1toku

auから突如登場した「auピタットプラン」。果たしてauユーザーは新プランに移行すべきなのか、はたまた却って損なのか気になりますよね。auに限らず料金プランの疑問を徹底解説します。さらに、姿を消したはずのMNPキャッシュバックをゲットする裏ワザや、本誌がテストしてきた回線品質と最新の料金プランから導き出されたベストな格安SIM選び、中古iPhoneの買い方など知って得するスマホ運用術が満載。長年、料金プランをほったらかしという人は必読の第一特集です。さらにさらに、iPhoneで撮影した作品で注目を集めた写真家の園部大輔氏、こだわりすぎなインスタ投稿で知られるAKB48の込山榛香さんがiPhoneのカメラテクをレクチャーする企画も!

買ってはいけない格安4Kテレビ

4Kテレビ誌面

8月号で緊急レビューしたドンキホーテの5万円台4Kテレビ。格安4Kにはハイセンスやフナイも参戦し価格破壊として注目を集めています。しかし、4K を単に映せるだけでは力不足。安くてもテレビとしてクリアすべき機能や性能があるはずです。そこで、編集部では格安4Kテレビに大手メーカーの最安モデルも交えて比較テストを敢行しました。テストで明らかになった格安4Kの実態とは……?

比較検証したテレビ

  • 情熱価格+PLUS(ドンキホーテ) LE-5050TS 4K-BK(50インチ)
  • フナイ FL-43UB4000(43インチ)
  • ハイセンス HJ43N3000(43インチ)
  • LGエレクトロニクス 43UH6500(43インチ)
  • 東芝 REGZA 50M510X(50インチ)
  • パナソニック VIERA TH-49EX600(49インチ)
  • シャープ AQUOS LC-50US40(50インチ)

楽かつ暮らしを楽しむ傑作日用家電

ドンキホーテ4Kテレビ誌面

猛暑で家事をする気が起きないという読者を全力応援する特集。目玉は本誌初敢行となる洗濯機の実戦テストです。検証に臨むのは本誌ベストバイの「日立BD-NV110A」と「パナソニックNA-VX9700」の2台。たった2台だけ?と思うかもしれません。しかし洗濯機の検証は条件統一が大変難しく家電製品の比較のなかでも最上級クラスの難易度なんです。その替わり洗濯機検証は2号連続企画。9月号では乾燥機能、10月号では洗浄機能を徹底比較します。さらに、アイロンや消臭を全自動化する「LGスタイラー」や煙をださずにステーキや焼き肉ができると話題の担当の無煙調理器も詳しくレビューします。

予算別 ハイレゾプレイヤー音質ランキング

DAPテスト

iPod nanoやiPod Shuffleの生産終了を横目に音楽好きを捉えているのがハイレゾ対応のデジタルオーディオプレーヤー(DAP)です。DAPは1万円程度から50万円台までさまざまなプレイヤーが辛口のオーディオファンを満足させるべくひしめき合っている注目ジャンル。ウォークマン、オンキヨー&パイオニア、 Astell&Kern、FiiOなどのDAPから3万円台以下、8万円台以下、11万円台以下の3つの価格帯でランキングを作成しました。このランキングは音の立体感や解像感といったハイレゾらしさを重視した採点が特徴です。

好評連載

  • ビジネス書作家美崎栄一郞のデジタルハック
  • 週間家電批評(やってはいけない家電警告書)
  • 家電の裏トリセツ(ダニ退治)
  • 金村修の写真批評(愛機マキナ67)
  • 小寺信良の家電業界批評
  • 石川温のデジタルあまのJACK
  • 北村森のヒット商品虎の穴
  • 中川学の家電黙示録マナブ

など連載も充実です。

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

家電批評2017年9月号のお詫びと訂正

第1特集 「得するスマホの大正解」」

31ページにおきまして、ソフトバンクのテザリングオプション料金の記載に誤りがございました。

  • 記事内では、「ソフトバンクのみテザリングが有料化される」という記載がございましたが、正しくは2018年3月31日まで、無料キャンペーンが延長されております。
    そのため現在、ソフトバンク、ドコモ、auの3キャリアでは、2018年3月末までテザリングオプションの無料キャンペーンが継続されております。
  • 詳しくはソフトバンクのホームページ https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/options/tethering/ をご参照ください。

以上、ご迷惑をおかけしました読者の皆さまならびに関係各社の皆さまには深くお詫び申し上げます。

バックナンバー

すべて見る

IMG_0504_detail_103814

ニッポンの新定番
家電デジタルベストヒット2018

今月は、これがニッポンの新定番!「家電&デジタルベストヒット2018」。上半期トレンドの総決算&下半期ヒットを断言します!第2特集はドンキ、スマスピ、完全ワイヤレスイヤホンなど「家電&デジタル上半期トレンド総決算」。この半年間で家電の選び方が激変!テストしてわかった新基準を一斉総括します。第3特集は「コードレスクリーナーランキング」。もはや家のメインを張れるまでに進化しているんです。他にも巻頭企画...

91NE5QXlJqL_small

オンラインで買える特選品100

今月の第1特集は、Amazon、楽天、アップル、キヤノン…あなたの知らない「オンラインで買える特選品100」。 ほか、春の特別企画「いやされる動物園ランキング5選大発表」、「おすすめ使いやすいミラーレスカメラ8選」、「アップル3大プロダクト ベストバイの鉄則」。ベストバイスティック掃除機が完全リニューアルDyson cyclone V10即買い前に知っておくべき「ダイソンの真実」。緊急企画「ホリ...

IMG_0444_detail_121356

春のナンバー1
欲しいものカタログ

いま家電は変わりつつある 特集1:ベストバイの新基準 「EOS Kiss M」がデビューした。一眼レフの盟主、キヤノンがついにミラーレスに「Kiss」を冠し始めたのです。一眼レフからミラーレスへという市場の変化を象徴する製品ですが、それだけじゃない。ポイントはInstagramを強く意識した使い勝手になっていること。カメラの知識がゼロでも使いこなせる。もう、入門一眼のベストバイは一眼レフの「E...

KH1803_Cover_detail_232355

ロングセラー、イヤホン、4K!!
その場で家電も当たります

おかげさまで『家電批評3月号』で本誌もついに100号です。 そこで総力特集1は、「ロングセラー・定番・新定番100」。積み重ねたからこそ、見えてきたベストバイ、長く使ったからこそわかった良いものと、オススメしたい新定番モノを一挙紹介します! 「最高のイヤホン選び」 総力特集2は、総テスト本数累計175本超!! 完全ワイヤレスからハイレゾ対応までイヤホン特集の集大成の「最高のイヤホン選び」...

MF90B8W_HY_01_P_detail_111744

そのクチコミ本当に正しい?
レビューを深掘り! 「本当のヒット」商品はコレだ

リニューアル第3号! 第1特集は「アマゾン ベストヒットランキング100」。今回はただのアマゾン特集ではありません。家電批評が改めて注目したのはアマゾンのユーザーレビューです。「アマゾンのレビューって信用できるのか」「レビューのやらせ投稿の実態」など、アマゾンの真相・真実に迫ります。また、Google Homeに続いて日本上陸を果たした注目のスマートスピーカー「Amazon Echo」も取り上げま...

トップに戻る