家電批評2017年10月号 | 晋遊舎ONLINE

cat_kaden

ホンモノがわかる家電情報誌

家電批評2017年10月号

最安iPadの最強化! フルサイズ一眼カメラ格付け! Amazon!

CD6BD944-5961-4203-884E-7E450FEA8B7F.large_detail_143736
クリックで拡大する

家電批評2017年10月号

特別定価: 680円
発売日: 2017.09.01
判型: B5
ページ数: 144ページ
雑誌コード: 12345-10

媒体概要

今のiPadは「本当に使える」!!

2017.09.01

第1特集は「今こそ、iPadを選ぶ理由」。実は想像以上に使えるデバイスに進化してたiPadを「選ぶ・買う・使う」の3つの視点から再入門方法を教えます。第2特集は、「U5万円Amazon良品集電」。予算5万円で買える良品をジャンルごとで一挙に紹介! 第3特集は、「値段=実力」じゃない!「激変!フルサイズカメラ格付けTEST」。 あなたに合ったオススメの一台を教えます。

他にも新連載「月刊家電批評」では、「低画素でもiPhoneの写真がキレイな理由」、「大好評! おどり炊きの米、実はおどってなかった問題」、「家庭での設定温度28℃は意味がない!?」など他誌では書けない家電の本音を紹介します。

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

おもな内容

  1. 1.

    特集1:今こそiPadを選ぶ理由

  2. 2.

    特集2:U5万円Amazon良品集

  3. 3.

    特集3:激変 フルサイズカメラ格付けTEST

  4. 4.

    洗濯機洗浄力対決

家電批評2017年10月号のお詫びと訂正

第2特集【U5万円Amazon良品集】

71ページにおきまして、掲載製品「BF-AF10P-K」のメーカー名に間違いがありました。


    • GENTOS

    • パナソニック

以上、ご迷惑をおかけしました読者の皆さまならびに関係各社の皆さまには深くお詫び申し上げます。

バックナンバー

すべて見る

KH1808_H1_detail_152236

アプリも周辺機器もお得モデルも揃った
iPadは今が一番おもしろい

今月の第1特集は、「iPadは今が一番おもしろい」と題して、iPadを買うならどれがいいのか「最新版iPad購入ガイド」から「iPadでエンタメ超満喫!」動画視聴の極め方などiPadの面白さを余すところなく、一挙に大特集!また、第2特集では「自分史上最高の家電選び」として、冷蔵庫、エアコン、洗濯機、4Kテレビ…などなど、夏ボーナスを控えたあなたにピッタリのナンバーワン家電をご紹介!その他にも、巻頭...

MF90G8W_HY_01_PAGE1_detail_152630

本気で選んだ「ヒット商品」頂上決戦
Amazonベストセラー辛口超カタログ

今月の第1特集は、「Amazonベストセラー辛口超カタログ」。Amazonベストセラーの中から、本気で選び抜いた真のベストだけを集めたカタログとなっています。さらに、今回はAmazon「SmileCode」との連動企画による特別仕様!Amazonアプリを使って、コードを読み取るだけで、掲載商品が簡単に購入できるようになっています。また、第2特集では10万円以下からの「ピュアオーディオ超入門」と題し...

IMG_0504_detail_103814

ニッポンの新定番
家電デジタルベストヒット2018

今月は、これがニッポンの新定番!「家電&デジタルベストヒット2018」。上半期トレンドの総決算&下半期ヒットを断言します!第2特集はドンキ、スマスピ、完全ワイヤレスイヤホンなど「家電&デジタル上半期トレンド総決算」。この半年間で家電の選び方が激変!テストしてわかった新基準を一斉総括します。第3特集は「コードレスクリーナーランキング」。もはや家のメインを張れるまでに進化しているんです。他にも巻頭企画...

91NE5QXlJqL_small

オンラインで買える特選品100

今月の第1特集は、Amazon、楽天、アップル、キヤノン…あなたの知らない「オンラインで買える特選品100」。 ほか、春の特別企画「いやされる動物園ランキング5選大発表」、「おすすめ使いやすいミラーレスカメラ8選」、「アップル3大プロダクト ベストバイの鉄則」。ベストバイスティック掃除機が完全リニューアルDyson cyclone V10即買い前に知っておくべき「ダイソンの真実」。緊急企画「ホリ...

IMG_0444_detail_121356

春のナンバー1
欲しいものカタログ

いま家電は変わりつつある 特集1:ベストバイの新基準 「EOS Kiss M」がデビューした。一眼レフの盟主、キヤノンがついにミラーレスに「Kiss」を冠し始めたのです。一眼レフからミラーレスへという市場の変化を象徴する製品ですが、それだけじゃない。ポイントはInstagramを強く意識した使い勝手になっていること。カメラの知識がゼロでも使いこなせる。もう、入門一眼のベストバイは一眼レフの「E...

トップに戻る