家電批評2018年4月号 | 晋遊舎ONLINE

cat_kaden

ネットを疑う家電購入ガイド

家電批評2018年04月号

物欲の春到来!!

IMG_0444_detail_121356
クリックで拡大する

家電批評2018年04月号

特別定価: 680円
発売日: 2018.03.02
判型: A4ワイド
ページ数: 176ページ
付録: 大人VR完全ガイド(紙版限定)
雑誌コード: 12345-04

媒体概要

春のナンバー1
欲しいものカタログ

2018.03.02

KH1804_eyecatch_s

いま家電は変わりつつある
特集1:ベストバイの新基準

「EOS Kiss M」がデビューした。一眼レフの盟主、キヤノンがついにミラーレスに「Kiss」を冠し始めたのです。一眼レフからミラーレスへという市場の変化を象徴する製品ですが、それだけじゃない。ポイントはInstagramを強く意識した使い勝手になっていること。カメラの知識がゼロでも使いこなせる。もう、入門一眼のベストバイは一眼レフの「EOS Kiss」じゃない、「EOS Kiss M」だ。そんなカメラです。このように、市場が変わればモノ選びが変わる。その先に暮らしが変わる。「ベストバイの新基準」ではそんな時代の変化を捉えたデジモノや生活家電を集めました。コスパを武器に急速に家電でも存在感を増しているドンキホーテのインタビューやHomePodのレビューも注目!!

季節的に空気清浄機が気になりますよね?
特集2:今、一番欲しいものランキング

季節の変わり目です。引越しシーズンです。生活家電どうする?ということで、空気清浄機、スティック掃除機、エアコン、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジのランキングを作りました。今回は生活家電を知り尽くしたプロフェッショナル5人の推薦を軸に、家電批評の過去の検証結果や家電量販店の覆面調査を組み合わせたランキングです。
あと、担当者肝いりで電子辞書も徹底比較。電子辞書の優秀さは「金正恩」でわかるとかわからないとか……。とにかく新生活に必読な特集です。

意外ですよね「全自動なコーヒーメーカー」は味で選ぶな!?
特集3:ミル付きコーヒーメーカーランキング

淹れたてのコーヒーを自宅やオフィスで飲みたい。でも、豆挽いてドリッピはちょっとね……となると、ミルつきのコーヒーメーカーの出番です。最近だと、デロンギや無印良品の製品が話題。そこで、16製品をプロのテイスティングなどでガチ検証。ベストバイを導き出し……が、ベストバイは意外や意外、なんと3000円格安機でした。その理由は選びのポイントが「味じゃない」から。えっ?という感じですが本当なんです。

セクシー女優のインタビューも
紙版限定付録:おとなのVR完全ガイド

VRでやりたいこととは結局これじゃないですか。アダルトなVRの魅力についてセクシー女優の戸田真琴さんにインタビュー。「性活家電」ということで、家電批評目線でVR以外のアイテムも本気で批評しちゃいました。もちろん、ベストバイも選出してます。なお、このコーナーは電子版では配信しておりません。おとなな皆さんは紙版をお買い求めください。

好評連載

  • RF「窓掃除ロボットウインドウメイトRTシリーズ」、ケルヒャー「窓用バキュームクリーナーWV 1 プレミアム」「スティッククリーナー KB 5」、Fitbit「Fitbit Ionic」:5つ星新製品
  • 「味噌汁」コンビニ通信
  • 【新連載】美崎栄一郞のモノ作りの新しい地図
  • 【新連載】批評の墓場
  • 「モバイルバッテリー2019年問題」「東電、関電だけじゃない 知らなきゃ損する電気の選び方」週刊家電批評
  • 「写真コンテンストの真実」金村修の写真批評
  • 小寺信良の家電業界批評
  • 石川温のデジタルあまのJACK
  • 北村森のヒット商品虎の穴
  • 中川学の「インスタントカメラと私」
  • 可憐企業

など連載も充実です。

12月号より綴じ込みのはがきは無くなりました

  • 読者プレゼントへの応募は引き続き郵便はがきでも受け付けています。(1)希望のプレセント番号もしくはクロスワードの答え(2)住所・氏名・電話番号を明記の上、以下の宛先までお送りください。プレゼント当選の発表は発送をもって返させていただきます。
  • 宛先:〒101-0051
    東京都千代田区神田神保町 1-12
    株式会社晋遊舎 家電批評1月号プレゼント係

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

家電批評4月号 連載コーナー「新品家電FLASH」のお詫びと訂正

159ページの掲載製品「ワイヤレス充電パッド」の製品に記載に誤りがございました。

メーカー名・製品名について


  • ガーミンジャパン vivomove HR

  • belkin Boost↑Up ワイヤレス充電パッド

訂正誌面をダウンロードする
(PDF/2MB)

家電批評4月号 特集1「ベストバイの新基準」のお詫びと訂正

027ページの掲載製品「VAIO S13」の記載に誤りがございました。

メーカー名について


  • ソニー

  • VAIO

家電批評4月号 特集1「ベストバイの新基準」のお詫びと訂正

034ページの掲載製品「LUMIX DC-GH5」の記載に誤りがございました。

製品ジャンルについて


  • 一眼レフ

  • ミラーレス

また、文章中に「DC-GX5」と記載している箇所がございますが、DC-GH5です。

以上、ご迷惑をおかけしました読者の皆さまならびに、関係各社の皆さまには深くお詫び申し上げます。

バックナンバー

すべて見る

家電批評4月本誌_detail_175018

買い替え!乗り換え!アップデート完了!
最新ベストバイランキング200+α 

今月の第1特集は、ベストバイ最新ランキング200+α製品! イヤホン、スマホ、ロボット掃除機、4Kテレビ、ネックスピーカー、炊飯器、あらゆる家電ジャンルの最新ランキングを一挙公開!最新家電も交え、これ一冊で家電知識をアップデート。また一味変わったデザイン家電特集やこれからの花粉シーズンに気になる空気清浄機の大特集など見所満載!...

KH1903_H1_0121nOL_detail_192858

2019年をおもしろがる買いものリスト100

今月号の1特は、「2019年をおもしろがる 買いものリスト100+α」。編集部が総力をあげて探し出した、2019年をおもしろくしてくれる、見たことないモノ、2019年ヒット確定なモノ、画期的なモノをまとめてご紹介します。ワーストバイからの下剋上を果たした、上半期安くていい4Kテレビ「ハイセンス」。動画クリエイターに話題のポケットカメラ「DJI OSMO Pocket」などなど、2019年のスタート...

71ETMnnkv9L_list_174900

あなたの「欲しいものリスト」荒らします。

突然ですが、あなたはアマゾンの1%も、知らない! もはや現代生活に欠かせないツールとなったAmazon。商品点数は奥単位とも言われていますが、最近同じようなものばかり買っているなあと、ふと思うことはありませんか? それもそのはず、Amazonは過去に自分が買ったものを分析してオススメの商品を予測して紹介してくれるからなんです。 しかし、おすすめされたものを買っているだけではもったいない!だっ...

KH1901_H1_detail_112224

ネットには書いていない史上最高のベストバイ
家電批評オブ・ザ・イヤー2018

家電批評10周年イヤーの幕開けとなる本号にて、家電批評オブ・ザ・イヤーを創設! 「買って欲しい」「使って欲しい」「知って欲しい」と思うものだけを真摯に、そして自信を持って選びました。2018年を象徴する全42部門112製品とその頂点に立つ年間グランプリを大発表!2018年もさまざまなテストや検証から数多のベストバイ製品が見つかりました。検証製品の総数は4000品を超え、170製品のベストバイが生ま...

H1812cver_detail_121641

#売れた#バズった#歓喜したベストヒット100
ホントの実力見せますスペシャル

今月号の焦点はズバリ「今年のヒット作」です。みんなが話題にする、あるジャンルでは圧倒的に売れている、そんなアイテムには「いいモノ」を超えたパワーがあるはず。その魅力。実力を語り尽くす特集、題して「#売れた#バズった#歓喜した ベストヒット100」。今年完全復活を果たしたソニー、Officeの価格差にざわついたSrfaceGo、復刻ブームの強まるレトロゲーム、ネーミングセンスが話題を呼んだ「iPho...

トップに戻る