歴史旅人 Vol.2 ドイツ戦車最強ランキング | 晋遊舎ONLINE

cat_rekishi

晋遊舎ムック

歴史旅人 Vol.2
ドイツ戦車最強ランキング

この1冊で「ドイツ戦車」のすべてがわかる!

歴史旅人02ドイツ戦車表1_detail_130939
クリックで拡大する

歴史旅人 Vol.2
ドイツ戦車最強ランキング

定価: [本体1000円]+税
発売日: 2019.05.27
判型: A4変形
ページ数: 112ページ
雑誌コード: 63417-90
ISBN: 978-4-8018-1154-6

媒体概要

第二次世界大戦で活躍した
ドイツ戦車のナンバーワンが決定!

2019.05.23

バインダー3

第一次世界大戦で新兵器として登場した「戦車」は、第二次世界大戦で急激に進化し、陸戦で不可欠な兵器となった。とりわけ、ドイツでは独自の技術により数々の名戦車を生み出し、革新的な戦術を駆使して、ヨーロッパ戦線で多くの戦果をあげた。開発から運用まで、様々なエピソードを残すドイツ軍戦車の中で、いちばん強かったのはどの戦車なのか。様々な観点から総合的にランキング! CGや細部のイラストに加え、活躍した戦史を戦況マップを使いながら解説。この1冊でドイツ戦車のすべてがわかる!

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

おもな内容

  1. 1.

    ティーガーIから38(t)軽戦車まで
    いちばん強い戦車が決定! ドイツ戦車最強ランキング

  2. 2.

    ドイツ戦車が活躍した第二次世界大戦の戦史を解説!
    ランキング入りしたドイツ戦車の戦い

  3. 3.

    敗戦の陰で進化を遂げた
    ドイツ最強戦車軍団の歴史

  4. 4.

    米ソ冷戦を背景に
    大戦後も受け継がれた最強戦車の遺伝子

こちらもおすすめ!

歴史旅人4_戦艦大和_h1_detail_144955

世界最大の戦艦「大和」の誕生秘話、構造から
乗員の生活、激闘の戦史、最期まですべて網羅

巨大な戦艦を保有すれば無敵だという大艦巨砲主義によって生み出された戦艦「大和」。史上最大の艦載砲を搭載した巨大戦艦は、世界一の戦艦として誕生。しかし、活躍の場はほとんど与えられず、悪化する戦況の中、連合国軍の沖縄侵攻を阻止するべく、特攻を余儀なくされる…。 「大和」はどのようにして生まれ、最期を迎えたのか。そんな大和の生涯に加え、その内部構造や乗員の生活など、大和のすべてが凝縮した1冊です。...

大和言葉cover__detail_133310

「令和」に使いたい!古から受け継がれてきた
心に響く「和の言葉」を厳選して紹介!

日本語の中でも日本古来から伝えられた「大和言葉」は日本人の心に染み入る響きを持っています。耳にしても、声に出しても心地よさを感じます。 「言葉」に込められた思いや情緒は、日々の生活を豊かにすることでしょう。 「令和」になり、改めて日本が再認識される今、優しさや思いが伝わる「大和言葉」を使ってみてはいかがでしょうか。 令和の時代に使いたい、知っておきたい「大和言葉」を集めた1冊です...

XMCJ0HA1F_detail_183116

3000人を超える登場人物の中から
「三国志」最強の武将をランキングして紹介!

後漢帝国が衰退する中、彗星の如く現れた曹操、孫権、劉備。この3人の英雄は、戦乱の世を勝ち抜き、それぞれの国を作り上げた。 彼等の熾烈な戦いを凝縮させた「三国志」。この壮大な物語に登場する数々の猛将・知将たちで一番強いのは誰なのか。ある者は武勇に優れ、ある者は知略を駆使し、ある者は義を貫いた。 単なる強さだけではない本当の英雄は誰なのか。様々な角度からランキングした「三国志ファン」必携の...

万葉集-cover_detail_105938

新元号「令和」で注目を集めた「万葉集」を
わかりやすく解説した入門書の決定版!

新元号「令和」の典拠となった「万葉集」は、奈良時代の終わりから平安の初めに完成した歌集で、約4500首が収められています。「万葉集」には、天皇、貴族から一般民衆まで、あらゆる人々の思い、感情、生活などから生まれた「万葉の心」が詰まっているのです。 それらの歌は時の隔たりを感じさせず、今なお共感できる部分もたくさんあります。もちろん当時ならではの価値観や風習に裏付けられた歌もあり、歴史に興味の...

RekishiTabibito01_detail_171744

最強隊士ランキングから血の事件簿まで
この1冊に新選組のすべてが凝縮!

幕末動乱の中、過激派志士たちの粛清により、京の町にその名を轟かせた剣客集団「新選組」。 彼らは自らが拠り所とした「士道」のもと殺戮を繰り返し、 志士たちはもちろん、時には仲間さえもその剣で斬り捨てた。 そして、京都を追われ、多くの仲間を失いながらも北へと向かう…。 滅びゆく幕府に殉じたのは、何のためだったのか。 「誠」の名のもと、自らの命を燃やした「漢」たちのすべてに...

トップに戻る