歴史旅人 Vol.3 三国志最強武将ランキング | 晋遊舎ONLINE

cat_rekishi

晋遊舎ムック

歴史旅人 Vol.3
三国志最強武将ランキング

この一冊で「三国志 最強武将」のすべてがわかる!

XMCJ0HA1F_detail_183116
クリックで拡大する

歴史旅人 Vol.3
三国志最強武将ランキング

定価: [本体1000円]+税
発売日: 2019.06.24
判型: A4変形
ページ数: 112ページ
雑誌コード: 63418-02
ISBN: 978-4-8018-1171-3

媒体概要

3000人を超える登場人物の中から
「三国志」最強の武将をランキングして紹介!

2019.06.21

三国志_022-023_0524再校

後漢帝国が衰退する中、彗星の如く現れた曹操、孫権、劉備。この3人の英雄は、戦乱の世を勝ち抜き、それぞれの国を作り上げた。

彼等の熾烈な戦いを凝縮させた「三国志」。この壮大な物語に登場する数々の猛将・知将たちで一番強いのは誰なのか。ある者は武勇に優れ、ある者は知略を駆使し、ある者は義を貫いた。

単なる強さだけではない本当の英雄は誰なのか。様々な角度からランキングした「三国志ファン」必携の1冊。

あなたが思う「三国志最強の漢」は誰か?

 

 

 

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

おもな内容

  1. 1.

    強ければ良いというわけではない! 3000人を超える「三国志」の登場人物からランキング! 「三国志最強の武将は誰だ!」

  2. 2.

    勇敢な猛将、知略に富んだ戦略家、義理に厚い人情家…「三国志 部門別最強ランキング」

  3. 3.

    「三国志」史上に残るもっとも激しい戦いは? 「三国志 最強合戦ランキング」

  4. 4.

    この場面がなければ三国志ではない! 「感動!泣ける!名場面ランキング」

  5. 5.

    三国の領土はどのようにして変化していったのか? 「マップで見る三国志勢力変遷」

こちらもおすすめ!

rekishi06-h1_detail_125110

食生活、お金事情から人気の職業、長屋生活まで
「江戸の暮らし」の喜怒哀楽を徹底解説!

豊臣秀吉の命によって徳川家康が治めることとなった江戸は、その後、徳川幕府によって整備され、大きく発展し、100万人都市へと成長しました。その結果として、長い太平の世は、江戸を中心とした町人文化を花開かせることとなったのです。 平和を謳歌する人々は食や住居、衣服はもとより、娯楽や旅など、生活を楽しもうとする心が様々な文化を育んでいきました。江戸の庶民の暮らしは、今を生きる現代の人々にとっても魅...

歴史旅人_05明智光秀表紙_detail_170303

2020年大河ドラマの主人公「明智光秀」の
謎に満ちた生涯のすべてがわかる!

2020年の大河ドラマの主人公になるなど、その人物像が再評価されている明智光秀。ひと昔では考えられないほどの人気ぶりだ。 長きにわたり「天下の謀反人」として評されてきた、日本で一番有名な謀反人・光秀はなぜこんなにも人気があるのだろうか。 謎に満ちた生涯、本能寺の変の真実、子孫のその後、戦国武将としての功績、信長との関係など、様々な角度から、「明智光秀」の謎を検証する!...

歴史旅人4_戦艦大和_h1_detail_144955

世界最大の戦艦「大和」の誕生秘話、構造から
乗員の生活、激闘の戦史、最期まですべて網羅

巨大な戦艦を保有すれば無敵だという大艦巨砲主義によって生み出された戦艦「大和」。史上最大の艦載砲を搭載した巨大戦艦は、世界一の戦艦として誕生。しかし、活躍の場はほとんど与えられず、悪化する戦況の中、連合国軍の沖縄侵攻を阻止するべく、特攻を余儀なくされる…。 「大和」はどのようにして生まれ、最期を迎えたのか。そんな大和の生涯に加え、その内部構造や乗員の生活など、大和のすべてが凝縮した1冊です。...

大和言葉cover__detail_133310

「令和」に使いたい!古から受け継がれてきた
心に響く「和の言葉」を厳選して紹介!

日本語の中でも日本古来から伝えられた「大和言葉」は日本人の心に染み入る響きを持っています。耳にしても、声に出しても心地よさを感じます。 「言葉」に込められた思いや情緒は、日々の生活を豊かにすることでしょう。 「令和」になり、改めて日本が再認識される今、優しさや思いが伝わる「大和言葉」を使ってみてはいかがでしょうか。 令和の時代に使いたい、知っておきたい「大和言葉」を集めた1冊です...

万葉集-cover_detail_105938

新元号「令和」で注目を集めた「万葉集」を
わかりやすく解説した入門書の決定版!

新元号「令和」の典拠となった「万葉集」は、奈良時代の終わりから平安の初めに完成した歌集で、約4500首が収められています。「万葉集」には、天皇、貴族から一般民衆まで、あらゆる人々の思い、感情、生活などから生まれた「万葉の心」が詰まっているのです。 それらの歌は時の隔たりを感じさせず、今なお共感できる部分もたくさんあります。もちろん当時ならではの価値観や風習に裏付けられた歌もあり、歴史に興味の...

トップに戻る