[晋遊舎新書S18] 誅韓論 | 晋遊舎ONLINE

[晋遊舎新書S18] 誅韓論

かの反日敵性国家を沈黙させられる必殺の書

1000誅韓論_detail_192851
クリックで拡大する

[晋遊舎新書S18] 誅韓論

定価: [本体900円]+税
発売日: 2014.08.08
ISBN: 978-4-8018-0049-6

媒体概要

これはもはや殺韓論だ!

2014.08.08

◆日々エスカレートする韓国による反日工作と、それに対抗手段をとらない日本政府。日本人はこのまま我慢を強いられ続けるのか?2015年以降の東アジアをシミュレーションした結果、本書では「日本人の態度次第で、韓国は数年以内に潰せる」との結論に至った。否めないとされてきた韓国の戦略的重要性の否定、在韓米軍撤退から中国による吸収へ向かう半島情勢と、その時日本がとるべき選択…。世界最大の反日国家を、合法的かつ最小労力で沈黙させる方法がここにある!

 

 

こちらもおすすめ!

TrumpSpeech_cover_detail_123338

The Speeches of Donald Trump

「偉大な米国の復活」を唱える狂った米国至上主義者か!? 「反エスタブリッシュ」の米国庶民の救世主か!? アメリカ合衆国大統領候補、ドナルド・ジョン・トランプ氏の演説を完全翻訳。 共和党大統領候補ドナルド・トランプ氏。 マスコミでは彼の過激な言説のみがとりあげられるが、 その演説を通して聞くと理知的かつウィットに富んでおり、脱グローバリゼーションへの真摯な姿勢がうかがえる。 泡沫候補から大番狂わ...

+SEIKEN_cover-OBI_detail_152205

幕末の大ベストセラー
最強の尊王思想書『復刊』

【第一部】 ●封印された尊王思想書『靖献遺言』の謎 【第一章】 ●山崎闇斎と浅見絅斎の師弟決別 ・運命の人との出会い ・神道の核心は皇統の護持 ・中国が孔子を大将、孟子を副将として日本に攻めてきたらどうするか ・軟弱では学問を習得することはできない ・仰ぎて君となす者はひとり天皇あるのみ 【第二章】 ●靖献遺言とは、 「君主に仕えて忠義を尽くした義士が残し...

9784801803367_detail_200229

第七感と呼ぶ、"気"の力を持つ宮崎のさだじぃ、
初の単行本。

著者・さだじぃ。は、39歳のときに自分の中に眠る「不思議な力」に開眼。本人はこれを五感や六感のさらにその先、第七感が開いたことによる「気の力」と呼ぶ。自身の両手から出るこの「気の力」を、相手の身体に触れることなく、患部に当ててみたところ、ケガや慢性的な痛みを取り除くことができることに気がつく。 本書では、「気の力」による施術でのさまざまな治癒エピソードを中心に、「気の力」とは何か、その力を誰もが...

balkan_detail_170555

紛争の跡地で奏でる 奇跡の旋律

◆偶然降り立ったバルカンの地で本当の指揮者人生が始まった。日本人だからできることがある! 【第一章】バルカン・メンタリティ 【第二章】ソコボで暮らすということ 【第三章】ベオグラードの光と影 【第四章】戦争と平和 【第五章】サラエボに咲いた『第九』の花 著者:バルカン室内管弦楽団音楽監督 栁澤寿男 ほか...

nagashima_detail_171911

ミスタージャイアンツを訪ねて

◆希代の"かたりべ"が作りあげた物語の足跡 【プロローグ】僕はなぜ「長嶋茂雄」をかたりはじめたのか 【第一章】茂雄少年は野性児のごとく 【第二章】長嶋茂雄と相まみえた名選手たち 【第三章】幾重もの奇跡が重なった天覧試合 【第四章】選手を心身ともに鍛えあげた長嶋監督 【第五章】愛弟子 松井秀喜への想い 【エピローグ】新たな時代の「長嶋茂雄物語」を目指して 著者:山田雅人...

トップに戻る