腕時計大全2017〜2018 | 晋遊舎ONLINE

100%ムックシリーズ

腕時計大全2017〜2018

選ぶ、買う、使う、腕時計のこと全部。

H1_web_detail_134615
クリックで拡大する

腕時計大全2017〜2018

定価: [本体1389円]+税
発売日: 2017.07.27
判型: A4変形
ページ数: 164ページ
雑誌コード: 67610-80
ISBN: 978-4-8018-0764-8

媒体概要

選ぶ、買う、使う、腕時計のこと全部。
一生付き合える本格時計の選び方

2017.07.28

006-007_article_135600

専門誌では言えないコトもズバリ!
「時計批評」がホンネで語る選び方。

 

就職祝いに、はじめてのボーナスで、昇進祝いに……
社会人のステータスとして誰しもが自分の自慢の一本を持ちたいと思うだろう。
しかし、ロレックスにはじまり、本格的な機械式時計になるほど高価。
そう簡単に買えるものでもなく、購入する際には大いに悩むはずだ。

 

そんなビギナーのために、本書はさまざまな角度から、
腕時計の魅力と各ブランドの特徴、モデルごとの違いを紹介している。
ただ単純に時計を紹介するに留めず、本書ならではの視点で、
それぞれの特徴が浮き彫りになるような情報を盛り込んでいる。

 

ロレックスやオメガなどブランド時計の定番モデルごとの価格差の理由や、
購入する際に迷うライバル同士の対決など、
他誌では決して語られないことも書いている。

040-041_article_135724

096-097_article_135634

これから選ぶ一本が、納得できる一本になるように、
本書を存分に活かしてほしい。

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

おもな内容

  1. 1.

    「時計批評」がホンネで語る選び方

  2. 2.

    腕時計10大ブランド

  3. 3.

    初めての本格機械式時計の選び方 九の掟

  4. 4.

    ショップ別オススメ購入ガイド

  5. 5.

    激戦必須の予算別対決

こちらもおすすめ!

BGtheBest_0204_OL_detail_140921

テストを重ねて見つけ出した
本当に使えるビジネスグッズ598製品

ビジネスにおいて、第一印象はとても大事なもの。 清潔感や高級感をまとったスーツに袖を通し、 商談時にサッと万年筆を取り出せば、 なんともクールでデキるビジネスマンに早変わり。 本当に良い道具は、あなたを有能に見せてくれるはずだ。 身につけるビジネスグッズひとつで、 周りの評価も仕事の効率もガラッと変わるだろう。   本書では、テストするモノ...

AUDIOtaizen_mini_H1-4_mihon_detail_175818

303本格アイテム&辛口レビュー

私達は、本当に「楽しい音」が知りたい。 それは、最新技術やブランドではない。 もっと本質的な「音の楽しさ」を追求したい。 なぜなら、私達は音楽が大好きだから。 そうは言っても、オーディオってたくさんありすぎて 全部聴き比べて探すなんて無理じゃん……。 そう。一人で選ぶのは難しいんです。 だから本誌は、オーディオの専門家を フル動員して、聴き比べました。 ストリーミ...

KHrkgBEST_H1-4_1129_detail_170550

家電のプロと家電専門誌が本気でテスト!
ネットではわからない本当のランキング!!

インターネットからは、とてつもない情報があふれる現代ですが、こと家電やガジェット分野では、使ってもいないのにスペックや御託を並べただけのランキングが多すぎませんか。 そこで、本誌はそんなネットのランキングとは一線を画し、すべてプロが実際に使って検証、取材を行って作った本当のランキングだけを紹介しています。 もちろん、ヤラセや広告も、忖度も一切ありません。このガチ情報を参考にして、今あな...

AmazonTaizen2020_H1_detail_233927

Amazonで買える本当に買いの
掘り出し物が満載!

「ずっと探してた!」 「こんなの欲しかった~♪」 「お、新発見!」   いつもの毎日がもっと楽しく、快適になる! Amazonの『掘り出し物』が盛りだくさん!!   テストするモノ批評誌「MONOQLO」が、 読者に代わって実際に買って、試して、アマゾンで買うべき、 本当に良いものを見つけました。   「そのレビュー本物?」といった、怪しいレ...

kabu_taizen2020_H1_4_1111

株大全 2020

2019.11.27

お金を招く株のスゴ技 教えます!

2020年の株式投資攻略ワザ教えます その手があったか! 最強の株ネタ347...

トップに戻る