世界史の新常識 | 晋遊舎ONLINE

cat_rekishi

晋遊舎ムック

世界史の新常識

興きた歴史と消えた歴史

sekaishi_H1_detail_210000

世界史の新常識

定価: [本体1,000円]+税
発売日: 2015.11.19
判型: A4変形
ページ数: 132ページ
雑誌コード: 63413-99
ISBN: 978-4-8018-0355-8

媒体概要

人類の歩んできた歴史を紐解く

2015.11.19

WorldMap_article_224720

◆古代
過去に栄えた世界の古代文明/幻の王朝「夏」の存在は?/実際に存在した伝説の都市/哲学の誕生/秦の始皇帝は悪人だったのか?/キリストにまつわる10の謎……ほか
◆AD
古代ローマの皇帝と文化/世界を塗り替えたゲルマン民族大移動/イスラムの祖ムハンマドの生涯/十字軍とは一体何だったのか?/モンゴルの時代とその脅威……ほか
◆中世-近代
ガリレオの功績とは?/17世紀のオランダが「最強」だった理由/清教徒たちはなぜアメリカを目指したか/年代別の植民地の変化。/市民革命の原動力となった思想家と書物……ほか
◆近代
産業革命と蒸気機関/アヘン戦争と清朝の衰退/幕末動乱と武器を供給した列強/南北戦争と奴隷解放宣言/ノーベル賞の設立/第一次世界大戦と各国の思惑/世界を麻痺させた世界恐慌 /問題児・北朝鮮はこうして生まれた……ほか


目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

おもな内容

  1. 1.

    人類の起源と古代文明

  2. 2.

    栄華を極める古代ローマ文化

  3. 3.

    釈迦とキリストとムハンマド

  4. 4.

    革命と疫病に揺れる中世ヨーロッパ

  5. 5.

    日本の幕末と欧州列強のアジア侵略

掲載内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正致します。
●7ページ 「世界史年表」年号部分
【誤】1762 フランス革命
【正】1789 フランス革命

●42ページ 見出し部分
【誤】代の悪女か?
【正】代の悪女か?

●55ページ 上段本文部分
【誤】大分県には吉野ヶ里遺跡があり
【正】佐賀県には吉野ヶ里遺跡があり

●82ページ 上段本文部分
【誤】現在のニューイングランド州に降り立ち
【正】現在のマサチューセッツ州プリマスに降り立ち

こちらもおすすめ!

RekishiTabibito01_detail_171744

最強隊士ランキングから血の事件簿まで
この1冊に新選組のすべてが凝縮!

幕末動乱の中、過激派志士たちの粛清により、京の町にその名を轟かせた剣客集団「新選組」。 彼らは自らが拠り所とした「士道」のもと殺戮を繰り返し、 志士たちはもちろん、時には仲間さえもその剣で斬り捨てた。 そして、京都を追われ、多くの仲間を失いながらも北へと向かう…。 滅びゆく幕府に殉じたのは、何のためだったのか。 「誠」の名のもと、自らの命を燃やした「漢」たちのすべてに...

日本の城完全ガイド表紙_detail_164707

現存天守から絶景の山城まで
全国の「名城」を厳選紹介!

戦国武将が拠点とし、自らの野望と権力の象徴でもあった「城」。 戦火によって失われた城もあれば、運よく今なお当時の姿を保っている城もある。 全国各地に残る城や城跡は、その時代を生き抜いた人間の歴史が凝縮されたと言っても良いだろう。 「歴史」「構造」「現存する天守閣」「絶景の山城」「築城名人」「信長の城」…。 壮大なロマンを感じることのできる「城」のすべてを解説する。...

日本刀 完全ガイド_表1_detail_155425

〝武〟と〝美〟が融合した至高の刀剣の魅力!
この1冊で「日本刀」のすべてがわかる!

かつては祭祀の道具だった「刀」は、神秘性を秘めながらも合戦の武器として発展し、武士の魂とまで呼ばれるようになりました。 武と美を合わせ持った「刀」は、単なる武器ではなく、見る者の魂を揺さぶる芸術品でもあります。 数々の伝説を持つ名刀「天下五剣」、戦国時代を生き抜いた名将たちの愛刀から、刀工たちの匠の技、各部の名称まで、この1冊で日本刀のすべてがわかります。 また、剣豪ランキングや...

bijyutsuten_01_detail_153553

巨匠の大作から話題の名作が一挙に来日!
知れば誰かに話したくなる情報が満載!

世界に名だたる巨匠の名作や美術コレクターの秘蔵作に加えて、国宝の秘仏大集合や浮世絵の名作など、美術通ならずとも見逃せない美術展が目白押しの2019年。 圧等的な人気を誇るゴッホから、すでに話題をさらっているフェルメールの作品展。西洋美術を語る上では欠かすことのできないハプスブルグ家にまつわる展覧会、さらに、空海ゆかりの東寺からは、立体曼陀羅から10体の国宝秘仏が東京に乗り込んでくる。さらに、...

KAAG_H1_detail_160406

「平成」から「新元号」へ変わる今、
暮らしに息づく「日本のしきたり」を知る

2019年5月1日、平成も終わりを告げ、新たな元号へと変わります。 日本独自の元号でもある和暦の中で生きる私たち日本人にとって、 代々受け継がれてきた「日本の心」を改めて見つめ直す良い機会かもしれません。 長い歴史を持つ日本の生活に息づいてきた様々なしきたりへの理解を深め、 この国に生まれてきたことを感謝できる 豊かな人生を送るための「作法」「知識」「ならわし」が詰ま...

トップに戻る