Windows10の“ウワサ” ウソ・ホント | 晋遊舎ONLINE

トピックス

Windows 100%

Windows10の“ウワサ” ウソ・ホント

2015.11.13

win10

Windows7以降のユーザーは無料でアップグレードできることもあって、”10″に更新するハードルはかなり低くなっています。にもかかわらず、爆発的にWindows10ユーザーが増えているわけではありません。

本誌Windows100%に寄せられるお便りを見ると、導入をためらう原因のひとつとして、”10″にまつわるさまざまなウワサがあるようです。今回は読者からのお便りからピックアップして、Windows10に関する3つのウワサを検証してみました。

1:Windows10って、個人情報を収集してるんでしょ?

 

→ これはホント

ユーザーの利便性向上を目的として、キーボードで入力した内容や連絡先、カレンダーの予定、エラー発生時の診断データと使用状況、ネットで通信した内容まで、さまざまな個人情報を収集しています。w1512-001

収集データはマイクロソフトが厳重に管理し、悪用することはないので危険性はありませんが、知らないところで個人情報を収集されるのはイヤなものです。個人情報の収集はWindows10の設定で無効にしておきましょう。

とはいえ、個人情報収集の設定項目はいくつもあり、ひとつずつ変更していくのは面倒です。これらをまとめて無効化したいなら、「Disable Windows10 Tracking」を使いましょう。チェックを入れて「Go!」ボタンを押すだけで、Windows10の情報収集機能をまとめてOFFにできます。w1512-002

2:不要な標準付属アプリは絶対にアンインストールできない!

 

→ これはウソ

使わない標準アプリがあれば、専用フリーソフト「Windows 10 App Remover」でアンインストールすることができます。削除したいアプリ名をクリックしてから、表示されるダイアログで「はい」を押せばOKです。w1512-004

3:新機能「検索バー」からは「Bing検索」しか使えない!

 

→ これもウソ

ブラウザ「Chrome」をインストールして拡張機能「NoBing」を追加すると、タスクバー上にある検索バーでGoogle検索が使えるようになります。w1512-005

本誌Windows100% 2015年12月号では、このほかにもさまざまなWindows10の「ウワサ」とその真実を紹介していますので、ぜひともお読みください。

win100_test_detail_161346

本記事の掲載媒体

Windows100% 2015年12月号

2015.11.13

トップに戻る