アローン&スケルトン フレンズ

問題数No.1! 面白さ日本一

問題数1番の大ボリューム!
アロークロス&スケルトン専門誌

アロー&スケルトン フレンズ

3年目もますます面白い!
アロークロス&スケルトンの傑作満載

問題数No.1! 面白さ日本一

とっても面白い
アロー&スケルトンフレンズ
2018年7月号

定価: 710円

発売日: 2018.05.19

判型: AB

ページ数: 189ページ

雑誌コード: 16767-07

購入
SNS公式アカウント

特集のご案内

◆問題数はトップクラス! たっぷり遊べる全131タイトル
◆ 文字とマスの大きさにこだわりアリ! 日本一見やすい誌面構成
◆アローもスケルトンもBIGサイズ! 超特大ジャンボ問題

 

【アロークロス】矢印ヒントはバリエーション豊富

矢印(アロー)に沿ってキーワードを埋めていくのが「アロークロス」です。クロスワードとは違い、マスを埋めるためのカギがパズル盤面の中にあるのが大きな特徴です。矢印が出ているマスの中には文字やイラストなどさまざまなヒントが入っており、非常に多彩な問題が用意されています。

 

●大マスには、アロークロスのテーマに応じて写真やイラストなどのヒントが入ります。上の例のように、タイポクロス(文字だけでイラストを表現したもの)など、他種のパズルと融合した問題もありますよ。

 

【スケルトン】キーワードの文字数と交差がカギ!

マスに入るキーワードがリストになっており、それらの文字数や重複文字などを推理して解くのが「スケルトン」。クロスワードやアロークロスのような「ワードパズル(言葉の知識を問う問題)」に見えますが、実は「ロジックパズル(理詰めで解く問題)」でもあるのです。リストに含まれないキーワードをイラストから推測する「アロースケルトン」のような問題もあります。

 

●リストに加えて写真の食品名も書き込む「アロースケルトン」問題です。クロスワードやアロークロスと違い、キーワードの交差箇所が少ないので、ヒントから正しくキーワードを導き出さないと解けないかも?

 

超ジャンボサイズのアロー&スケルトン

問題サイズが大きくなるとマスの数も多くなり、難易度がグッと上がります。そんな解き応え抜群の超特大ジャンボアロークロス&スケルトンを計2問収録。手応えのある難問に挑戦したい方は、ぜひともチャレンジしてください!

 

 

●本誌に掲載された他の問題と比べて、2倍以上ものボリュームを誇る超特大ジャンボ問題です。その圧倒的な解き応えを、存分にお楽しみください!

 

パズルのルールと解き方

「アロークロスって何?」「スケルトンってどんなパズル?」なんて初心者の方もご安心ください。パズルの基本的な解き方を解説していますので、巻末の解説ページを読んでからチャレンジしてくださいね♪

 

●「アロークロス」は、カギとなる文章やイラスト、写真のマスから出ている矢印の方向へ、当てはまる言葉を入れていきます。ただし、言葉は必ず「上から下」「左から右」に入るので、ご注意を。

 

●「スケルトン」を解く際のヒントとなるのは「マスの文字数」と「交点に共通する文字」の有無。上の例では、3文字と6文字の言葉がそれぞれひとつしかないので、どのマスに入るのかすぐに特定できます。

 

過去号はこちらから