靖献遺言 | 晋遊舎ONLINE

幕末の大ベストセラー復刊

靖献遺言(せいけんいげん)

浅見 絅斎 (著), 濱田 浩一郎 (訳・解説)

+SEIKEN_cover-OBI_detail_152205
クリックで拡大する

靖献遺言(せいけんいげん)

定価: [本体1800円]+税
発売日: 2016.07.15
ISBN: 978-4-8018-0531-6

媒体概要

幕末の大ベストセラー
最強の尊王思想書『復刊』

2016.07.15

【第一部】
●封印された尊王思想書『靖献遺言』の謎
【第一章】
●山崎闇斎と浅見絅斎の師弟決別
  • ・運命の人との出会い
  • ・神道の核心は皇統の護持
  • ・中国が孔子を大将、孟子を副将として日本に攻めてきたらどうするか
  • ・軟弱では学問を習得することはできない
  • ・仰ぎて君となす者はひとり天皇あるのみ
【第二章】
●靖献遺言とは、
「君主に仕えて忠義を尽くした義士が残した最期の言葉」
  • ・浅見絅斎は京の朝廷の威権弱体化に我慢ならなかった
  • ・日本ではなく、中国の忠臣義士について書くことにした理由
【第二部】
●『靖献遺言』を読む
【第一章】
●国が亡びるのを黙って見ているくらいなら
いっそ死んだほうがましである(屈原)
解説
  • ・屈原が仕えた楚国の栄光と挫折
  • ・司馬遷が絶賛した忠誠心
  • ・時を越えて残る悠久の大義
  • ・もっと上手く世渡りしなさいという処世観との激突
  • ・西郷、高杉の心を励ました屈原の大志
【第二章】
●今より以後、諸君のなかで、国家に忠誠を誓う者は、
遠慮なく私の過失を責めてくれ。そうすれば、
天下の大事も定まり、賊は滅びるであろう(諸葛亮孔明)
解説
  • ・満々たる野心を秘めながら雌伏の時を待つ「臥龍」、孔明
  • ・四十七歳の劉備が二十七歳の孔明に三顧の礼を尽くす至誠
  • ・天皇へ楠木正成がした劇的な答え
  • ・流浪の主君に従い戦場を駆け巡った孔明と正成
  • ・死を覚悟した湊川の戦いで果てる
  • ・七生まで、ただ同じ人間に生まれて、朝敵を滅ぼそう
  • ・朝廷に尽くした男たちの一族に受け継がれる魂
【第三章】
●わずかな給料を得るために、官職についてへいこらしていられるか。
仕官の誘いもあったが、二君に仕えることはできない。私は仮住まいたる
この世を辞して、永久に本宅たるあの世へと帰る(陶淵明)
解説
  • ・落ちぶれた陶淵明の家系
  • ・宮仕えは不得意でも「足るを知る」精神で乗り切る
  • ・陶淵明はなぜ『靖献遺言』に載っているのか
【第四章】
●君命である。臣下たる者、
どのような事があっても君命を避けることはできない(顔真卿)
解説
  • ・特攻隊を嘲笑した戦後日本人
  • ・歴史が記憶に残るかぎり、日本と日本人は滅びない
  • ・特攻隊員は「犬死に」したのか
  • ・士は己を知らぬもののためにも死ぬ
  • ・道義に背くことは自らを否定するだけでなく家を否定すること
【第五章】
●王朝の危機に際し一騎として馳せ参じる者がいない。私はこれを深く恨む。
だから私は、自分の非力を省みず、
身命を賭して祖国を守ろうとするのだ(文天祥)
解説
  • ・吉田松陰と靖献遺言
  • ・松陰のさらなる飛躍となる旅立ち
  • ・黒船に乗り込んだやむにやまれぬ心
  • ・外敵を滅ぼすのを慎むことなく自分の使命としよう
  • ・松陰は靖献遺言を読んでどう感じたか
  • ・主家が亡びる様を眼前で目撃した衝撃
  • ・人はどのように死ぬべきかを問うた高杉晋作への答え
【第六章】
●孝孺は死の間際になっても、燕王(永楽帝)の不義を罵り続けた。燕王は周囲の者に
命じて、孝孺の口を刀で抉らせた。口は耳まで裂かれ、血が流れた。それでも、
孝孺は燕王を罵倒した。七日間、その声が聞こえた(謝枋得/劉因/方孝孺)
  • ・大作家の衝撃的な切腹
  • ・三島由起夫の「このまま行ったら日本はなくなってしまう」という予言
  • ・七生報国という転生する精神
●終わりに『靖献遺言』の後に書す
●訳・解説者 あとがき

▼目次を読む

本書の目次はこちらをご覧ください(PDFファイル)

こちらもおすすめ!

TrumpSpeech_cover_detail_123338

The Speeches of Donald Trump

「偉大な米国の復活」を唱える狂った米国至上主義者か!? 「反エスタブリッシュ」の米国庶民の救世主か!? アメリカ合衆国大統領候補、ドナルド・ジョン・トランプ氏の演説を完全翻訳。 共和党大統領候補ドナルド・トランプ氏。 マスコミでは彼の過激な言説のみがとりあげられるが、 その演説を通して聞くと理知的かつウィットに富んでおり、脱グローバリゼーションへの真摯な姿勢がうかがえる。 泡沫候補から大番狂わ...

9784801803367_detail_200229

第七感と呼ぶ、"気"の力を持つ宮崎のさだじぃ、
初の単行本。

著者・さだじぃ。は、39歳のときに自分の中に眠る「不思議な力」に開眼。本人はこれを五感や六感のさらにその先、第七感が開いたことによる「気の力」と呼ぶ。自身の両手から出るこの「気の力」を、相手の身体に触れることなく、患部に当ててみたところ、ケガや慢性的な痛みを取り除くことができることに気がつく。 本書では、「気の力」による施術でのさまざまな治癒エピソードを中心に、「気の力」とは何か、その力を誰もが...

balkan_detail_170555

紛争の跡地で奏でる 奇跡の旋律

◆偶然降り立ったバルカンの地で本当の指揮者人生が始まった。日本人だからできることがある! 【第一章】バルカン・メンタリティ 【第二章】ソコボで暮らすということ 【第三章】ベオグラードの光と影 【第四章】戦争と平和 【第五章】サラエボに咲いた『第九』の花 著者:バルカン室内管弦楽団音楽監督 栁澤寿男 ほか...

nagashima_detail_171911

ミスタージャイアンツを訪ねて

◆希代の"かたりべ"が作りあげた物語の足跡 【プロローグ】僕はなぜ「長嶋茂雄」をかたりはじめたのか 【第一章】茂雄少年は野性児のごとく 【第二章】長嶋茂雄と相まみえた名選手たち 【第三章】幾重もの奇跡が重なった天覧試合 【第四章】選手を心身ともに鍛えあげた長嶋監督 【第五章】愛弟子 松井秀喜への想い 【エピローグ】新たな時代の「長嶋茂雄物語」を目指して 著者:山田雅人...

857roots_detail_142225

ありがとうルーツ。

◆サラリーマン必読の超短編小説誕生!◆人間の本質、悲哀を笑いに変えて、読むとなぜか前向きになる一冊。◆広告ではやむを得ず使用を控えた幻のNGコピー、描き下ろしも多数収録。 ほか ・東京コピーライターズクラブ賞 ・交通広告グランプリ優秀賞 著者:岩田純平     サラリーマン必読の超短編小説誕生! ありがとうルーツ。 人間の本質、悲哀を笑いに変えて、読...

トップに戻る