完全ガイドシリーズ

幅広いジャンルをカバーする人気シリーズ

防災知識からアウトドア知識など
知りたい情報を〝完全ガイド〟

完全ガイドシリーズ

2022年は名作の日本初公開が続く。
全国の美術館がついに再始動!!

最新号のご案内

幅広いジャンルをカバーする人気シリーズ

[完全ガイドシリーズ338] 美術展完全ガイド2022

定価: 1,200円(本体1,091円+税)

発売日: 2021.11.27

判型: A4変形

ページ数: 112ページ

雑誌コード: 67781-10

ISBNコード: 978-4-8018-1778-4

購入

特集のご案内

2022年、全国の美術館がコロナ禍から再始動する。年明けから、話題の美術展が次々と開催される。

なかでも見逃せないのが、「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」と「東京国立博物館創立150年記念 特別展 国宝 東京国立博物館のすべて」の二つだ。「メトロポリタン美術館展」では、展示される西洋絵画65点のうち、46点が初来日作品になる。一方の「東京国立博物館のすべて」も圧巻だ。創立以来初めて、収蔵する国宝89件すべてを公開する。

作品では、「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」のフェルメール《窓辺で手紙を読む女》に注目だ。修復中、画中にキューピッドが出現。世界中に、このニュースが駆け巡った。この衝撃作が、所蔵館以外で世界初公開される。

ほかにも、ベラスケス、モネ、ルノワールら、巨匠の傑作が続々と初来日したり、ウォーホルやリヒターら、現代アートの大型展がさまざま開催されたりと、話題には事欠かない。本誌では、2022年に絶対に見逃せない美術展を識者の意見をもとにピックアップし、見所や注目作品を徹底解説。併せて、アート鑑賞がもっと楽しくなる「名画・名品の見方」も企画した。全国の美術館巡りに役立つ一冊だ。

こちらもおすすめ!