家電批評

ネットを疑う家電購入ガイド

AV家電、デジタル家電、カメラ、白物……
「買って」「使って」「知って」ほしい家電製品のベストがわかる!

家電比評

あなたの「欲しいものリスト」荒らします。

ネットを疑う家電購入ガイド

家電批評
2019年2月号

定価: 680円

発売日: 2018.12.29

判型: A4ワイド

ページ数: 155ページ

雑誌コード: 12345-02

購入
SNS公式アカウント

特集のご案内

突然ですが、あなたはアマゾンの1%も、知らない!
もはや現代生活に欠かせないツールとなったAmazon。商品点数は奥単位とも言われていますが、最近同じようなものばかり買っているなあと、ふと思うことはありませんか?
それもそのはず、Amazonは過去に自分が買ったものを分析してオススメの商品を予測して紹介してくれるからなんです。
しかし、おすすめされたものを買っているだけではもったいない!だってAmazonには「欲しかったモノ」「懐かしいモノ」「見たことないモノ」「便利モノ」が、まだあと数億個眠っているのですから。
そこで、どの雑誌よりも早くAmazonを研究し、紹介してきた“日本一のAmazonウォッチャー”を自称する我々が家電やガジェットンいとらわれない、きっとすべての世代の人たちが熱狂、共感するであろう商品をAmazonから探しました!
「Amazonに買わされる」から「Amazonで選ぶ」へ。
年末年始はAmazonでいつもとは違った商品を検索してみて「あなたへのおすすめ」欄に革命を起こしてみませんか?

お詫びと訂正

家電批評2020年2月号の誌面に関するお詫び
下記について、内容に誤りがありました。

49ページ:Creative Pebble及び、Creative Pebble V2の音質比較につきまして

Creative Pebble(初代と表記)につきまして、パッシブラジエーターを搭載しておらず音質に差があるという記事に誤りがありました。

当記事内にて、Creative Pebbleとして検証並びに掲載した製品は、別モデルであるCreative Pebble Plusのものであり、記事内容に事実と異なる表記がありました。
初代として表記致しましたCreative Pebbleには、正しくはパッシブラジエーターが搭載されており、比較検証の内容自体に誤りがあります。

ご迷惑をおかけしました読者の皆さまならびに、関係各社の皆さまには深くお詫び申し上げます。

147ページ:家電新品FLASHコーナーにて下記のとおり、誤りがありました。

日本エイサー社のノートパソコン「 Acer Chromebook Spin 311 R721T-N14N/E」をご紹介したところ、型番を「Acer Chromebook 311 C721-N14N」と記載し、また、写真も「Acer Chromebook 311 C721-N14N」のものを掲載しておりました。

ここに、お詫び申し上げますとともに訂正させていただきます。

過去号はこちらから